2017年10月17日

ブッシュハット/ショ-トブリム(のプチ変遷史)


 68 パタ-ンのブッシュハットの内側に縫われた目にも鮮やかなグリ-ンのラベル


P44 装備の話が出たところで、私の事ですから当然、ヘッドギアを揃えるのですが、マラヤ、ブルネイ動乱やボルネオの戦線の資料を恥ずかしながら集めきれていません。時代から言えばMk.3~5の時代なんでしょうがヘルメットに確たる自信がありません。ブロディ-ヘルメットとタ-トルシェルヘルメットが結構混濁しています。代わりにブッシュハットだけは何とか手に入れました。脳みそが少なくお陰で頭が小さめの私ではあるんですが、現在、市場に出回っているものはキッズ用かよ!と悪態つきたくなるような頭の小さな白人向け。68パタ-ンのブッシュハットを探したときもそうですが、ビンテ-ジものになり出すとなかなか自分にあったモノをお財布に優しく探せるものではありません。P44 のブッシュハットもつま先立ちしてポチったあと、友人K氏から「レプリカで安くでてるよ~ん」のひと言。愕然とした覚えがあります。言ってみればタダの緑色の帽子ですから、レプリカでも良かった・・・・・。ま、気を取り直して時代の変遷!? を通してOLD SCHOOL のブッシュハットの事でも少々ご紹介。



【1】P44 ブッシュハット                       【2】P68 ブッシュハット                         【3】P85 ブッシュハット


【4】S95 ブッシュハット                       【5】DDPM ブッシュハット                         【6】MTP ブッシュハット


【7】MTP ショ-トブリム※1                       【8】MTP ショ-トブリム※2


こんなに揃えて.....馬鹿か!お前は!と言われそうですが、この他にもDPM のショ-トブリムが2つにDDPM のショ-トブリムが2種ありまして......(^^; 上段3種類を並べてみても時代による形状の違いがわかります。時代を経るに連れツバが水平気味で大きくなっていくのが分かると思います。何だかベレ-がどんどん小さくなっていくのに反比例しているような感じです。特にP85 辺りからのブッシュハットは雨や日差しを遮るためのものという性格が明確になってきているようで対して昔のそれは同じ機能の期待は勿論あったのでしょうが、頭部シルエットを暈かすための意味合いが強かったように思えます。

 ツバ広を嫌がって現役兵士はショ-トブリムにするのが大半なのですが、新兵ほどオリジナルを被っているような気もします。軍歴が長くなるに連れてブッシュハットを弄るのも伝統とも英軍兵士の好みとも判断はつきません。脱線ついでに申すなら68パタ-ンDPM、P85 、S95 パタ-ンのDPM では明らかに色合いが違うのが分かると思います。

 ところでMTP ショ-トブリムの※1は一般的で汎用性の高いシルエット、※2はPara Regiment によく見られるタイプですがどっこい手元にはDDPM の同型があって出自はRoyal Scots でした。決してPara 兵士の専売ではありません。

上掲写真は撮影のためにツバを上げていますが、ブッシュハットも英軍の場合、ベレ-と同じで時代が降るにつれて目深に被るようになります。今回P44 がらみでブッシュハットの変遷を記事にしましたが、この当時の兵士は基本的におでこが見える様に軽く載せているような被り方をしている写真が多いです。

  続きを読む

2017年10月13日

P44 装備らしきもの(この頃の心境)


1963年 !? 製と思しき P44 WEBBING BELT   P37 との違いは装備を引っ掛けるハトメがあること P58 との違いはハトメの位置が下にあること

  続きを読む

2017年08月15日

ARES L1A1の弄くりなおしのこと


久々のWooden Furniture 組み込みのL1A1  好事家がKA のウッドVer.にしたものとはキャリングハンドルが決定的に違います


このところ忙しさにかまけてトンと筆の進まぬ日々です。盆休みさえ暦通りには採れぬ始末で、ありがたいのはやまやまなんですが、今年の息をするのさえ暑い8月は葦簀の陰でのんびりしたいものだと思うのも此処だけの心情の吐露(^^)  続きを読む

Posted by Kafu' at 23:06Comments(6)英軍装備 Old SchoolL1A1

2017年05月21日

STEN Mk.Ⅱ のスリング

銃を肩から提げる為のもの" スリング " ですが、サバゲ世界を見るとどうにも用具の中でかなり地位が低いようです。無論ぶら下げるんですから唯の荷造り紐でも良いとはいうものの、時代モノの銃に最新のスリングを付けるのはちょっとねぇ、と思う訳です。M1ガ-ランドに3点スリングや、MP40 にワンポイントスリングじゃ全く絵にならないのと同様、L1A1 やこのSTEN にだって時代に合ったものをチョイスするのが筋ってものでしょう。話は少し逸れますが時折L2A3 にダットサイトを取り付けているのを見ますが、私に言わせて貰えればちゃんちゃらおかしい。あのセンスに私は到底ついて行けない。勿論、純粋にゲ-ムを楽しむのであれば、それもありでしょうが、サイティングの不自由すら楽しむのもこの世界の面白いところではないかと思う次第。スリングだって現代装備からみれば唯の肩紐ですが、この肩に掛けるとき以外何らのメリットもないのも楽しむ不自由の裡です。



スリング先端はどうやって取り付けてんだろ?と長らく思ってましたが実際に見れば” なぁんだぁ~ " ってな方法でした


  続きを読む

2017年05月11日

The Mk.V Helmet Cover hand made from 68 pattern BDU 

ご存知皿形ヘルメットのBrodie's Steel Helmet とこれまた英軍を代表するほど有名で現役兵士でもリザ-ブ辺りは今でも被っているMk.6 Kevler Helmet の間でひっそりと存在しているのがMk.3 ~Mk.5 ヘルメットです。その形から亀の甲羅に似ているのでタ-トルシェル(Turtle Shell ) 等と呼ばれています。3~5 は外観上殆ど違いが無く、主な違いはライナ-です。あまりポピュラ-で無いのか(と言うか注目度が今ひとつなのか)本国イギリスのe-Bay の掲載画像ですら前後ろ逆にしていたり、マネキンにも誤った被り方をさせたりしております。正しくは下掲の写真の如くですが、まぁそれほど扱いが可哀想なタ-トルシェルとは言え、英軍ファンはL1A1 や L2A3 が現役であった頃のヘッドギアはこいつだと言うことを忘れてはなりません。



ヘルメットをジュ-ト布で覆ってネットを被せて偽装を施したMk.V ヘルメット 以前ご紹介した時とは偽装を換えて見ました



  続きを読む

2016年07月11日

Sterling Magagine Pouch (レプリカ スターリングのマガジンポウチ)


フォークランド紛争時   戦場で家族から!?の手紙を読むRoyal Marines 兵士   胸にはSterling   傍らの岩に刻まれた” Home Sweet Home " が泣けます 


  続きを読む

2016年04月16日

2016年02月19日

’74 Sleeping Bag


この時代には既にMoD お抱えのCQC のプリントがされているカバーにくるまれたスリーピングバッグ


  続きを読む

2015年12月22日

Browning Hi-Power (TANAKA ) をゲームで使えるようにする(3)


Hi-Power 以外全く入らない恐ろしく汎用性のないホルスター 現代ホルスターからすると非常に使いづらいんですが....そこは....ねicon06 

  続きを読む

2015年12月12日