2018年06月25日

Browning Hi-Power (TANAKA ) をゲームで使えるようにする(可変ホップ)


夏に向けてP44 装備に合わせてBrowning HP ビジランティ を可変ホップ化  キャンバス地の P44 ホルスタ-も現代にはない味があります


かつて私の L9A1 / Browning HP のバックナンバ-では固定ホップ方式変則ホップ方式を自分なりに考えてお披露目しましたが、固定ホップ方式を組み込んだMk.3 は安定して飛距離も出るんですが、気温の高低でホップの掛かり具合が変わり、特に夏場になるとホップがきつめに掛かるという弱点があります。0.2g で調整しましたが今時は0.25g でも浮き気味。片や変則ホップを組み込んだビジランティはそれなりですが不満もまだまだありました。夏場はとかく重装備なOsprey や Virtus は敬遠して P44 装備などどちらかというとライトウェイトな出で立ちでゲ-ムがしたいので時代考証的にも赦せるビジランティで可変ホップが出来ないものかとちょいと弄りました。

固定ホップ方式


マ○イの電動ガン用バレルを加工  チャンバ-ブロックに窓を作り押しゴムを薄い板バネで固定した方式  効果は絶大です


変則ホップ方式


オリジナルバレルに切り欠きをつけて  これまたオリジナルのラバ-チャンバ-を差し込んで自然にホップを掛ける方式



可変ホップ方式

オリジナルバレルとラバ-チャンバーを出来るだけ再利用したいと言うことで、パ-ツ構成は変更していません。今回は切り欠きを作ったバレル上部からイモネジでホップの掛かり具合を調整しようとしいるもので、固定ホップ方式ほど手を加えていません。オリジナルチャンバ-パッキンはインナ-バレル後部を包み込むように出来ていますが、バレルの切り欠きでフリ-になっている内側のラバ-部を押し込む方式です。
図解




  続きを読む

2018年06月16日