2017年12月28日

井手町の新フィ-ルドS.G.F IDE でのゲ-ムそして.....

今年は本業!? のゲ-ムにあまり出られず、悶々とした日々を送りましたが、いざ行くとなるとどこに行こうか?とあれこれ悩みましたね。相変わらず有料フィ-ルドの開所が相次いでいて段々他人任せになってきましたが、選択するにしても山野でゲ-ムすると言うよりは高速ゲ-ムのCQB 戦中心のフィ-ルドが多く、プロ-ンしたら目の前を蛇が這って行ったなんて経験をしながら遊ぶフィ-ルドが少ないのは些か寂しいのです。もう少しフィ-ルドの性格にも広がりが欲しいですね。・・・・・と宣うたところで先日、お邪魔した京都府綴喜郡井手町にあるS.G.F IDE は久しぶりに野趣あふれるフィ-ルドでした。アップダウンはないものの、フィ-ルドを取り巻く緑や茅と思しきブッシュが随所にあって迷彩本来の効果も発揮できるものでした。フィ-ルドオ-ナ-(息子さんと御父君?)の朴訥ながら心温まる対応が実によいものでした。今回は流石に冬が深まる最中でしたが緑が深くなる春~夏や紅葉の時期の秋はもっとおもしろいでしょう。また行きたいフィ-ルドがひとつ増えたと喜んでおります。



定員40名とのことですが駐車場の関係があるとか.... でも折角のブッシュフィ-ルドなので芋の子洗うような大人数は興ざめかも じわじわと攻め上がるのも楽しめます
  続きを読む

2017年03月26日

女王陛下の.....

女王陛下の.....と言っても変な意味でなく水きゃんの女性兵士はメンバーが濃いものだからなかなか長くいてくれないんですが、この数年殆ど皆勤賞で来てくれている娘がいて、その娘が遂にDPM で参戦してくれる事になりまして、チームのオジさん達はとても喜んでいます。




DPM っすよ!うっれしぃいなぁ~   我らが”新”女王陛下


さて言い訳がましいですが、年明けからはますます仕事が忙しくなっちゃって家には寝に帰るような日々が続いていまして一向にSHIELD RDS が完成しないのですが、鬱憤晴らしにゲ-ムには行っておりました。朝の裡には雪が降るような3月とは思えない極寒の日和に行った「MEC 松阪演習場」と定例とは別に社内の好き者が集まってお呼ばれした奈良の「Battle Zone 」・・・・と有料フィールド続きでしたが、回転の速いゲームは年寄りには少々きついですなぁ。勿論、大いに楽しんだわけですが相変わらず復活戦というのには慣れません。折角、倒した相手が再び現れるし、しかもヒットされた時にこちらの位置は覚えられているわけですから何とも腑に落ちないですね。勿論ちゃっかり私も生き返ってゲームをしていたのですが「一生」をもっと大事にしたゲームがやっぱり良いです。逆に言えば思いも掛けないところから一発で仕留められたり、上手く隙間を抜いて足を打ち抜かれたりというのは思わず「当たった!」って気持ちよく言えるものです。なんだか緊張感というものが無いゲームは数をこなしても上手くならない気もします。


MEC 松阪演習場


三重の松阪にある松阪演習場起伏に富んだフィ-ルドに縦横に走る塹壕とバリケ-ドが配されたブッシュ+CQB の面白いフィールドです




  続きを読む

2017年01月24日

西側装備祭 2nd のOut of Bounds

2016年9月4日に奈良のブロガ-くずき氏の主催する西側装備祭にお邪魔して、好みは違えど装備好き、ゲ-ム好きの皆様とご一緒してすっかり楽しくなって今回の2nd にも参加してきました。前回は台風直撃予報がドピ-カンの炎熱地獄。2017年の2nd はと言うと大雪警報が各地で出る中、これまた予報を裏切る晴天!、しかし時折風花が舞う極寒地獄でゴザイマシタ(大袈裟)。相方は急遽仕事が入って撮影のみ。今一人の同士は同じく英軍指向のご存知「裸の男爵」氏との参戦となりました。



DDPM で参加の装備祭 2nd ...... 差し詰めアフガンのRoyal Marines の愚連隊三匹ッスかね? フィールドはベアグランドだしデザ-ト迷彩ぴったりなんですが寒かったねぇ



  続きを読む

2016年04月24日

続SUSAT with Wingmount & Dotsight (Shield RDS Mount replica)


先日ご紹介したSUSAT 用のウィングマウントにマイクロダットを載せてゲームに持ち込んできました   かなり使えますね


  続きを読む

2016年02月01日

Wind Proof Smock のフードのたたみ方(実践編)

****フードのたたみ方の実践編****


Wind Proof Smock 三種 左からMTP,DPM,DDPM 長らく着ていた所為もありますが生地はDPM のものが好きですねぇ さて今回はフードのたたみ方の実践編です

  続きを読む

2016年01月26日

Wind Proof Smock のフードについての考察(愚にもつかない講釈編)

いつかは書こうと思っていたのが、英軍のWind Proof Smock のある部分のことです。私ゃ、かねがね興味があって、この部分だけを採りあげて追っかけしておりました。最早、ストーカーの域ですな(^^; そんな重箱を針でつつく話題やら疑問を友人との遣り取りでもぶつけてみたら私にとってはトンでもない、しかし言われてみれば納得の結論を彼が口にしたのでした。・・・・・・・と此処まで述べても・・・・・・・



一体何のこっちゃいな? と思われるかも知れません。それはその・・・・つまり・・・・・まぁ・・・・・・なんですな・・・・

WINDPROOF SMOCK にあるワイヤー入りフード の事なんですよ



この写真だけでは何を言わんとしているか判らないのが今回のお話・・・奥が深い(嘘)ですよ~



  続きを読む

Posted by Kafu' at 00:04Comments(2)DPMMTP

2016年01月16日

Arktis Chest Rigs のこと(前回の続き)


チェストリグの両サイドにあるポウチには実際にもキャンティーンのみならず様々なのものを入れて運用されます  ハンドガンを入れていたかどうかは不明





  続きを読む

2016年01月04日

Chest Rigs

        Happy New Year !


15年前の1月 セルビアの首都プリスティナでコソボの独立を支援するため、イギリスから派兵され市内を偵察するRoyal Marines 45Commando 兵士  


  続きを読む

Posted by Kafu' at 00:52Comments(5)DPMDDPMChest Webbing,Assault Vest

2015年12月30日

2014年11月24日

Sterling in the field

私は基本的にリエナクト指向ではなくゲーマーです。凝り固まってこうじゃなくては駄目、とかお堅い話は基本的にアカンです。そうでなければなんちゃってレプリカを作ったり、プレススイッチをでっち上げたりはしません。とはいえMP5K の片手撃ちだとか、壁から手だけを突き出して銃を乱射するというゲームスタイルは大嫌いです。更にあまりかけ離れた銃と装備の組み合わせは生理的に受け付けません。言ってみればゲーマーとリエナリクトの中間にいるんでしょうね。時折妙ちくりんな事をやらかしたりするのはこのためです。だから私の記事は特に大目に見てください。JAZZのレコードが全てCDにならないのと同様、スターリングが活躍した頃の記録は個人の記憶が頼りでネットで調べても簡単には出てこないと言う事でもあります。今回は特に装備はあり合わせ感満載かな?それでも世界には矢っ張り凄い方がいて貴重な画像も手に入れました。下に掲載したのは香港の同好の士 Chan Yiu Ming 氏がお持ちの1975年刊行のINFANTRY TRAINING VOLUME2   Skill at Arms( Personal Weapon ) SUB MACHINE GUN 編 に載っている写真と説明です。翻訳なんかしなくても写真だけで理解できるでしょう。





The photograph places with permission of Mr. Chan Yiu Ming. He is one of the earnest researchers of the British military in Hong Kong.



  続きを読む