2017年05月21日

STEN Mk.Ⅱ のスリング

銃を肩から提げる為のもの" スリング " ですが、サバゲ世界を見るとどうにも用具の中でかなり地位が低いようです。無論ぶら下げるんですから唯の荷造り紐でも良いとはいうものの、時代モノの銃に最新のスリングを付けるのはちょっとねぇ、と思う訳です。M1ガ-ランドに3点スリングや、MP40 にワンポイントスリングじゃ全く絵にならないのと同様、L1A1 やこのSTEN にだって時代に合ったものをチョイスするのが筋ってものでしょう。話は少し逸れますが時折L2A3 にダットサイトを取り付けているのを見ますが、私に言わせて貰えればちゃんちゃらおかしい。あのセンスに私は到底ついて行けない。勿論、純粋にゲ-ムを楽しむのであれば、それもありでしょうが、サイティングの不自由すら楽しむのもこの世界の面白いところではないかと思う次第。スリングだって現代装備からみれば唯の肩紐ですが、この肩に掛けるとき以外何らのメリットもないのも楽しむ不自由の裡です。



スリング先端はどうやって取り付けてんだろ?と長らく思ってましたが実際に見れば” なぁんだぁ~ " ってな方法でした


  続きを読む

2017年05月14日

2017年05月12日

SHIELD RDS for ELCAN SPECTER のでっち上げ Part.5 (最終項の1)


撮影する直前まで手直しを続けた なんちゃって" SHIELD RDS CQB と ELCAN SPECTER OS4X " の silhouette


西側装備祭でお披露目、と言っていたくせに様々なところで思惑違いとミスがあって、作業はすれど前には進まないと言う鈍臭さ。まぁ、出たとこ勝負ですから仕方ありません。中でも痛恨の失敗はバッテリ-ハウジングのサイズの見立てミス。CR2032 のボタン電池を使うまではわかっていたのですが、バッテリ-キャップの外径がこの電池が入る程度と、思い込んで作っちゃったのがそもそもの間違い。ほぼ完成という所まで行ったところで、あれ!? ってな始末でした。結句、今更電池内蔵機構を作り直すには強度的にも問題があったので、泣く泣く諦めました。その代わりにオリジナルのバッテリ-ハウジングから配線を引き出してスイッチに結線。外部からのスライドスイッチでのON/OFF 機構は残しました。電池交換の際に少々手間が掛かる事は甘んじることにしました。おまけにマウントとロングタイプフ-ドがこれまた難敵でした。焦れば仕上げは雑になるし採寸ミスと老眼も手伝って今まで掛かってしまいました。ともあれ、ヤルゾとぶち上げてから早や7ヵ月。作らなきゃ、と言う強迫観念が澱の様に体に沈んでいて折々にプレッシャ-を掛けてきたものが、漸く抜け落ちた気がしております。


  続きを読む

2017年04月25日

西側装備祭3rd のOut of Bounds

イベント戦には仕事柄に加えて出不精と声の大きい人には気圧される性格と相まってトンとお邪魔しなかった私がこの「西側装備祭」には何故か数えてみれば3回目にも参加。主催のくずき氏のお人柄とゲ-ムにトコトン理解のあるカメラマンでもあるビスコ嬢の笑顔に惹かれてついついといった所、です。今回はブログで知り合った裸の男爵氏、チームの定例会に来てくれるおっく-氏、弟子のJOJO君にもうン十年来の知己であるI 夫妻がこぞって参加。それにはるばる岡山は倉敷から開催を聞き及んでエントリ-されたフジタ氏も加わってマイノリティなはずの英軍が何と7名のマジョリティ。少数派に慣れているので逆にへどもどしながら、でも内心欣喜雀躍とはまさにこの事だぁ~とか思ってもいました。今回もビスコ嬢がふんだんに撮ってくれた写真も使わせていただきながらのご報告?本家本元のくずき氏のブログアップを待っていたのですが、既に一週間以上が経っているので、フライングします<(__)> 



大会専属!? のビスコ嬢がさりげなく撮ってくれたユニオンジャック・・・・・・集合写真でうっかり撮り忘れ・・・・・ありがたや~

  続きを読む

2017年04月13日

SHIELD RDS for ELCAN SPECTER のでっち上げ Part.4


訓練中のPara 兵士 レ-ザ-サイトを脱落防止のためにタイラップで銃本体とくくりつけているところが英軍らしくしみったれているところに萌えますな



  続きを読む

2017年03月28日

SHIELD RDS for ELCAN SPECTER のでっち上げ Part.3


ELCAN SPECTER OS4X & SHIELD RDS   英軍らしくヘルメット部に装備にぶら下げるためのリングを付けています (pic from Youtube)






  続きを読む

2017年03月26日

女王陛下の.....

女王陛下の.....と言っても変な意味でなく水きゃんの女性兵士はメンバーが濃いものだからなかなか長くいてくれないんですが、この数年殆ど皆勤賞で来てくれている娘がいて、その娘が遂にDPM で参戦してくれる事になりまして、チームのオジさん達はとても喜んでいます。




DPM っすよ!うっれしぃいなぁ~   我らが”新”女王陛下


さて言い訳がましいですが、年明けからはますます仕事が忙しくなっちゃって家には寝に帰るような日々が続いていまして一向にSHIELD RDS が完成しないのですが、鬱憤晴らしにゲ-ムには行っておりました。朝の裡には雪が降るような3月とは思えない極寒の日和に行った「MEC 松阪演習場」と定例とは別に社内の好き者が集まってお呼ばれした奈良の「Battle Zone 」・・・・と有料フィールド続きでしたが、回転の速いゲームは年寄りには少々きついですなぁ。勿論、大いに楽しんだわけですが相変わらず復活戦というのには慣れません。折角、倒した相手が再び現れるし、しかもヒットされた時にこちらの位置は覚えられているわけですから何とも腑に落ちないですね。勿論ちゃっかり私も生き返ってゲームをしていたのですが「一生」をもっと大事にしたゲームがやっぱり良いです。逆に言えば思いも掛けないところから一発で仕留められたり、上手く隙間を抜いて足を打ち抜かれたりというのは思わず「当たった!」って気持ちよく言えるものです。なんだか緊張感というものが無いゲームは数をこなしても上手くならない気もします。


MEC 松阪演習場


三重の松阪にある松阪演習場起伏に富んだフィ-ルドに縦横に走る塹壕とバリケ-ドが配されたブッシュ+CQB の面白いフィールドです




  続きを読む

2017年03月04日

SHIELD RDS for ELCAN SPECTER のでっち上げ Part.2


延長フ-ドを外したELCAN SPECTER OS4X を載せたL85A2 を構える3Para 兵士  キャッツアイバンド付きMk.7 ヘルなんですがMk.6 のチンストラップに換えてます



Part.1 でやるぞ!宣言をして置きながら、一向にやらなかった最早オオカミ少年的な私で御座います。あれからかれこれ丸五ヶ月が経ち、その間に裸の男爵さんが作っちゃったという最早二番煎じのネタですが、作らないことに現用英軍装備でござい、とゲームにも行けず、自分のために作成を開始しました。



裸の男爵さんの殆どフルスクラッチのELCAN SPECTER OS4X  驚愕の完成度! RDS なんか水抜き穴の再現までしていて私もオチオチしていられませんです


ELCAN SPECTER DR のレプリカにも、キルフラッシュなどアフタ-パ-ツもそれなりに出ているのですが、スコ-プ本体は数社から出ているので微妙にサイズが違います。特に違いが出るのは対物レンズの大きさやフ-ドの径でして、イギリス軍仕様のOS4X ではロングフードが標準なので、例えばキルフラッシュのレプリカを求めてフードに充てようとしてもネジ径が全く合わないという事態も起こります。私も見事にハマっちゃった訳ですが、文句の言いようもないので、先ずはプラ板で自作。どうにもしっくりいかず試行錯誤している裡に仕舞いにはRDSをでっち上げる気力も失せておりやした。ひょんな事で古いエアガンアクセサリーの箱を明けてみたら、パチコンプのバトラ-キャップが出てきて、試しにELCAN SPECTER OS4X のフ-ドに合わせてみたら、なんという僥倖!これがぴったり!斯くて、眠っていた制作意欲が再び湧き上がってきたという次第。例によって出たとこ勝負でアイディアはあるんですがうまく行くかは私の根気とテクニック・・・・・・。実は両方とも全く自身がないんですよねぇ~。  続きを読む

2017年02月08日

2017年のSTEN Mk.Ⅱ (セミ・フル切り替え編)

AGM STEN Mk.Ⅱ はフルオ-トのみの設定なのですが、実銃はあの鉄パイプと鉄板を切った貼っただけのように見えるにもかかわらず、単発と連発が切り替えられるようになっております。メカボ内部改修とトリガ-スイッチ、FET,SBD迄を入れたまでは良いものの、セミが出来ないことにはこの所のセミ専用有料フィ-ルドでは使えないし、標準の50連マガジンなんてフルオートならあっちゅう間に撃ちきるんで独りよがりにもセミが出来るようにしようと画策。勿論、セミに切り替えるようになさって居る方もいるにゃいるんですが、セミ・フル切り替えセレクタ-を据え付けた記事は見てないので本邦初かと思いこんでいます。


AGM Sten Mk.2 / Using FET Semi/Full-auto switching device with handmaded selector knob.

AEG で此処まで弄るお馬鹿も居ないのですが、プレスでポコッと出ただけのセレクタ-ボタンを造形して意味のあるものにしたかったんですよ



ストックを留める六角ボルトを造形し直し               ズンベラボ-なボルト部分を少し ” らしく ” しました

(2017_02_13  追加photo)




  続きを読む

2017年01月24日

西側装備祭 2nd のOut of Bounds

2016年9月4日に奈良のブロガ-くずき氏の主催する西側装備祭にお邪魔して、好みは違えど装備好き、ゲ-ム好きの皆様とご一緒してすっかり楽しくなって今回の2nd にも参加してきました。前回は台風直撃予報がドピ-カンの炎熱地獄。2017年の2nd はと言うと大雪警報が各地で出る中、これまた予報を裏切る晴天!、しかし時折風花が舞う極寒地獄でゴザイマシタ(大袈裟)。相方は急遽仕事が入って撮影のみ。今一人の同士は同じく英軍指向のご存知「裸の男爵」氏との参戦となりました。



DDPM で参加の装備祭 2nd ...... 差し詰めアフガンのRoyal Marines の愚連隊三匹ッスかね? フィールドはベアグランドだしデザ-ト迷彩ぴったりなんですが寒かったねぇ



  続きを読む