2018年08月17日

オ-ルド或いはヴィンテ-ジなスト-ブのこと

異様に暑い夏もお盆を迎えた辺りから、陰りが見えてきて心にも少し余裕が出て来たように思います。今年も恒例のゲ-ム仲間とのキャンプをする季節がやってきました。休みにはキャンプ道具のメンテナンスを続けているこの頃です。キャンプと言ってもバ-ベキュ-だとか焼き肉だのスノッブなものは御免被りたい私はもともと美食家でもなく食い道楽でもありません。暮れていく空を眺めながらフライパンを振ったり、ダッチオ-ブンでロ-ストビ-フを作ってみたりする時間を愛する方です。勿論どこぞに美味しいラ-メン屋があるとか、ボリュ-ム満点の洋食屋などと耳寄り情報を聞けば胸躍る気持ちにはなりますがしかし、どちらかと言えば死なないために飯を食う、というのが普段の私。仕事の日常では美味しさより食費を優先するサラリ-マンです。それでいてアウトドアそれもキャンプ場なぞに行くと気分も高揚してそれなりの食事を作る程度の嗜みはもっております。でも根っこは料理より実は” 火遊び " が好きなんです。だから火にまつわるキャンプ道具、分けてもクッカ-、コンロ、バ-ナ-、スト-ブ系やランタンなぞはメンテナンスも含めて私の大好物です。この手のものはいつに於いても私の物欲をくすぐりますが、あれば便利、と求めたところで結局手元に残っているのは何故かどれもこれも、手の掛かるものばかり。これからご紹介するもの達はそれぞれ、折々の思い出が詰まった味わいのあるもの達ですが、今でもサバイバルゲ-ムに連れて行くものもあったりしていて思い出と共にあるばかりでなく、メンテナンスを含めて今も思い出を共に紡ぐもの達でもあります。


Coleman PEAK1 Model 576


PEAK 1  Model 576  Coleman CANADA   1976年製 当時のファンネルや燃料ボトルもまだまだ現役


1976年と言や、受験勉強しなきゃと思えば思うほど頁をめくってしまった横溝正史の推理小説を思い出します。謎解きと言うより耽美でおどろおどろしい筋運びが麻薬的でした。その代表作「犬神家の一族」が映画化された年。湖面から突き出た足のポスタ-が其処此処に貼られていたのも懐かしい。アカデミ-賞を獲った「ロッキ-」やデ・ニ-ロの「タクシ-ドライバ-」、” 666 ” が大流行した「オ-メン」が作られたのもこの年。直上の写真に写っている PEAK 1 の製造年月の刻印がまさにこの年。コ-ルマンは今もガソリンスト-ブの代名詞と言って良いほどですが、当時から既に軽くて強大な火力が売りで山をやっている連中からは絶大な支持を得始めていました。支持を得始めたというのは当時、山やる連中のスト-ブというのは基本がアルコ-ルかケロシンを使うのがまだまだメインで、守旧派というのはいつの世も手強かったんですよね。しかし、プレヒ-トなしで着火し、その上トロ火まで出来るという当時としては画期的な機能を持ったガソリンスト-ブで私にとっては、欠点など何処にもないと思えるほどでした。尤もザック中のボトルからガソリンが漏れて背中の皮が爛れた事件がありましたっけ。おっと閑話休題。実はこいつが私の手元に来たのは翌年1977年。ダッカで日航機をハイジャックした日本赤軍の要求を政府が飲んだ「超法規的措置」、クンタ・キンテで有名になったアレックス・ヘイリ-の「ルーツ」が日本で放映され誰も彼もが家系図に興味をもち、エルビス・プレスリ-が死に、キャンディ-ズが武道館で普通の女の子に戻っちゃった、何ともめまぐるしく落ち着かない、それでいてどれもが軽薄で世の中は何処へ行って自分もどこに向かうのか、と全く定められない混沌としていた年でありました。
 この後、PEAK 1 は鼎宜しく安定性を増すためにボディに折りたたみ式の足を備えた400シリ-ズに変遷していきます。でも、私はこのグリ-ンボディのModel 576 こそPEAK 1 だと今でも思っています。それほどエポックメイキングで全能なスト-ブでありました。




Coleman G.I Pocket Stove MODEL No.538-700


Coleman G.I Pocket Stove MODEL No.538-700  1979年頃


こいつは原型がM-1950 G.I STOVE です。映画「ジャ-ヘッド」でG.I スト-ブを使ってソ-セ-ジを焼いている内にスト-ブの火がテントに燃え移って大騒ぎになるシ-ンがありましたが、形状がよく似ていたのでもしや?湾岸戦争当時もまだ使われていたんでしょうかね?軍用はアルミケ-スに入っていましたが、私のこれは民生用なのでケ-スが樹脂製です。このケ-スの形状については解説書や先人の記事を読んでも誰も触れていませんが、よく見るとストラップを利用して山装備に括り付けられるようにとベルト幅の溝が切ってあります。発売された当時は大ブ-ムだったバックパッカ-が世界中を闊歩していた時代ですからこの様な形にされたんだろうと思います。気楽な学生時代の私もご多分に漏れず、典型的なフレ-ムザックを背負ってあちこちを旅したものです。大町から糸魚川まで踏破した折、姫川ダムの放流サイレンが聞こえず、危うく濁流に呑み込まれそうになった間抜けな珍道中を繰り広げたときには、コイツが傍らにいました。他のタイプとは違いポンプ部分とチェックバルブが一体になった独特の構造をしているお陰でメンテナンスは非常に楽です。慣れないと着火した途端に轟音と共に火柱が上がるじゃじゃ馬。火力調整なんて忘れて産まれてきた、と言ったそんな無骨さが魅力のスト-ブ。


Coleman 530 G.I STOVE


Coleman No.530 A47  1947年製 原型は軍用G.I スト-ブ


ヴィンテ-ジものと言われてはいるものの結構出回っていて、そういう点ではちょっと " らしく " ないんですが、原型は軍用 M-1941 G.I STOVE 。1QUART(クォ-ト/0.946L) の牛乳缶に入る大きさがウリで戦中、米兵の食事や暖をとるための信頼度抜群のガソリンスト-ブでした。その民生用が530で日本ではクロ-ムメッキされているタンク部分を磨き上げて神棚に飾っておくようなマニアが多く、とても過保護な扱いをされているアイテムではあります。ま、僕も磨いては悦にいる部類ですけどね(^^; 殆どの条件下で着火するガソリンを用いるところがいかにもミリタリ-なテイストがプンプンしますが前述のG.I STOVE 同様風にはめっぽう弱い設計で見かけ倒しです。しかし殆ど火力調整なんぞ出来ず " 点いているか消えているか " の二者択一みたいなところは軍用の外連味のなさです。燃料を気化させるためにプレヒ-トが必要だったり燃焼音が大きいところなど今のキャンプ道具と比べると不便この上ないところが満載なんですが、オ-ルシルバ-の貴婦人然とした風情と不自由を楽しむおもしろさがこのスト-ブにはあります。

  続きを読む

2018年05月25日

SUSAT (unknown maker's reprica)


L85 と言えば忘れてならないのは SUSAT   本体と共に支給され 爾来30数年未だに使用されています  これは久々に感動して求めたノンブランドです


  続きを読む

2018年04月01日

VIRTUS Soldier System のこと (Goggles etc.)

<Goggles>


英軍の新装備 Virtu Soldier System のポウチなどを紹介して来ましたが、少し " 袋物 " から離れてアイウェアやヘルメット周りなどのご紹介から始めしょう。前回記事でアイウェアの裡、SAW FLY は継続使用ですがゴ-グルは BULLET ANT から その名も如何にも 悪そうな WOLF SPIDER に変わりました。軍隊蟻・サシハリ蟻から毒蜘蛛・子守蜘蛛にランクアップですね。メイカ-は如何にもな命名からしてREVISION 社で変わりはありません。BULLET ANT と較べかなり大振りなレンズ部を持ちます。アフガン戦中期までのESS ADVANCER V12と較べると大人と子供ほどの差がありますね。眼部を広く保護しようという目的だと思いますがMk.7 ヘルメットの縁に沿うような BULEET ANT より直線的でフィット感は少し後退した感じがします。尤も有料フィ-ルドではゴ-グル必須なところもありますから、ゲ-マ-としても最新装備をする場合には必要なものではあります。



Cobla Battle skins Helmet に合わせてゴ-グルが改変され BULLET ANT から WOLF SPIDER へ



  続きを読む

2018年03月08日

続 LLM03(Leser Light Module Mk.3) のこと


海外の好事家が一向にレプリカの出ないLLM Mk.3 を採寸して作っちゃったモックですが なかなかイイ線をイッています


  続きを読む

2018年02月19日

LLM03(Leser Light Module Mk.3) のこと

Foxtrot Delta さん裸の男爵氏とがお互いに知恵と努力をされて海外で製作された LLM03 のレプリカを元に更に精密に再現、細部を深掘りされた記事が英軍ファンの間で話題になっております。Foxtrot Delta さんは英軍モノのミリブロでは最早、幅広い知識と保有アイテム数は我々の憧れの重鎮ですし対して裸の男爵氏は奈良が産んだ新進気鋭の製作物に抜きん出た力量をお持ちのお方。二人の会話のキャッチボ-ルは楽しいものがあります。そんなキャッチボ-ルの球がどうした弾みか私の方に転がってきました。
 というのも、今回のLLM03 を海外から手に入れたFDさんと男爵氏がそれを元に造りあげたものが余りに出来が良いものだから、大元のレプリカを私に譲ってくれることになったのです。斯く申す私はなんちゃって ELCAN SPECTER OS4X SHIELD RDS のレプリカを製作以来、現用英軍の銃器関係の方はうっちゃって、50年代~70年代辺りの装備と銃器を弄ってました。今年に入って漸く VIRTUS SOLDIER SYSTEM なぞにそろりそろりと手を出しておりますが、降って湧いた有り難いお話には簡単に乗っちゃいますのよ、あたくし。


・・・・・・・で早速、FD さんから届いたのがこれ


全体の雰囲気は上手く掴んでいると思いますが塗色に少し?マ-ク付きますね


  続きを読む

2017年07月09日

L85 のスタイル変遷

サバゲ歴も30年近くなって、振り返ってみると自分の手にした銃は数知れず、今では手元にないものも数多くある中、常に折々のゲ-ムのシチュエイションの真ん中に居続けたのは、このL85 シリ-ズです。世紀の駄銃といわれ、或いは鈍器とけなされてきたのですが、英軍装備をする以上、避けて通れないのも事実。今まで私のブログを飾った姿を並べてみました。不細工の極致と笑わば嗤え、私にとってはやっぱりSoul food ならぬ魂の銃達。故障知らずだったアサヒBV ユニットをMMC に組み込んだお手製L85A1 に始まり、手が掛かるけど愛して止まないG&G L85、後期型ハンドガ-ドを装備した新進のICS L85A2 などなど。付属のアクセサリ-や光学機器も、ブログの最初を飾ったACOG TA31 FIST のなんちゃってレプリカのでっち上げ、STAR/ARES のサイズ間違いのAG80 を改修したUGL があったり、トライアルでしか使用されなかったELCAN SPECTER DR も最早、後戻りの出来ない切った貼ったの塊であるOS4X に変貌させたり、とエピソ-ドは尽きません。しかしこの変遷も2020年には次世代アサルトライフルが採用されれば、思い出の一コマになるでしょう。でもここまで一筋にやって来た事には我ながら呆れそして感心しております。



エアタンク全盛時代、ブッシュ貫通力、確実な給弾、30連バナナマガジンで最も多くの弾数をこめることが出来る優れた能力のあったアサヒユニット組み込みのMMC L85A1

  続きを読む

2017年06月11日

LEI ( Picatinny Rail Converter )


Picatinny Rail Converter

なんちゃってELCAN SPECTER OS4X と SHIELD CQB の着ぐるみをでっち上げて、一息ついておりました。この間、日本は兎も角、海外の同好の士からの反響は凄かった・・・・・・・です。 少なくとも海外で実物を持っている人以外、こんなマイナ-な光学機器群を切った貼ったして作ったのは、裸の男爵氏と私ぐらいなもんでしょう。リエナクトを始め海外のゲ-マ-も実はレプリカ SPECTER DR にDOCTER SIGHTの親亀・子亀ですから、単なる日本のお馬鹿が作ったなんちゃってOS4X と RDS ではあるものの、海外からも(お世辞でも)褒めてもらえた訳でした。

しかし!しかしですよ。悦に入っていたのはほんの数日。これらが載っかったL85 を眺める度、手に持つ度に我慢が出来なくなってきたのが、レイル部分。今は無き www.rsov.com が売っていたプロトタイプレイルしか世に出ていなかったのだから仕方無いっちゃ仕方ないんですが、ついつい勢いに任せて次に作るのはレイルぢゃ!とぶち上げちゃった。・・・・・・で舌の根が乾いた今、工具系がまるっきり無い現実に直面!第一、あのマウントの資料が写真以外にまるでないんですよ。それに元ネタになりそうなレイルも結構値が張るのね~。その上、工具となったら.......う~ん。我ながら暴言でしかなかった、と後悔しまくりまくりん。




前後2カ所のクランプでSUSAT レイルを固定してピカティニ-レイル化する LEI レイル・コンバ-タ-(アダプタ-)


  続きを読む

2016年12月12日

新型MTP グリ-ン SLING


今までのOD色から順次改変されているMTP グリ-ンのスリングです



  続きを読む

2016年04月11日

SUSAT with Wingmount & Dotsight

L85 の光学サイトと言えば今やELCAN SPECTER OSX4 か少し前ならACOG TA31FIST ですがかつては固定4倍スコ-プであるSUSAT でした。封入されたトリチウムの耐用年数が過ぎて次々と前述のスコ-プに換装されていますが、今でもL22A2 の上にはどっかり腰を据えていますし、ミリフォトを見れば依然使っているものもあります。個人的にも収まりが良いというか、どことなくもっさりしているところが英軍っぽくて好きです。

しかし、本体のレプリカはよい出来のものがあるのにどうにもこのSUSAT のレプリカは手直しをしないと使えなかったりアイレリーフが短くてゲ-ムをする身から申すと非常に使いづらいという意見も多いのです。それ故、私は近接コンバットゲームでは中にドットサイトを仕込んだものをL22A2 には載せていますが、フルサイズのL85 ではフラッグ付近での撃ち合いで不便を感じることもしばしば。英軍装備を始めたばかりのゲ-マ-にもこのスコープの使い勝手の悪さに根を上げる連中もいます。特にDPM 装備の場合はSUSAT 付きL85 がお約束ですから尚更です。




SUSAT 上にあるマイクロドットサイトマウントはてっきり民生品だと思っていたのですが....


  続きを読む

2015年11月24日

英軍のSMOKE GRENADE の完成 (製作編 ③)

4.ヒューズレバーの製作


完成したヒューズの比較 安全ピンの形状やセッティングの違いもお判りいただけるかと思います 写真を頼りに製作したので完成までに延べ10日間も掛かったフルスクラッチです


  続きを読む