2017年12月13日

HK53 と DDPM (その後のHK53)


やっとこさレプリカのTrijicon Reflex が手に入りました 本当はⅠ型?が欲しかったのですがどうもⅡ型?でした 偏光レンズ部が取り外せないのが困りもの


ですがね・・・・・ このレプリカは手が込んでいて本体横にスイッチが付いていて、ON/OFF が" 自分 " で出来ます。当たり前と思うでしょ?でもね初めに求めたモノは暗いところに入ると調光センサ-が働いてドットが消えるアホな仕様だったんですよ。その上、コ-ティングガラスの取り付けが明後日の方向にセットされているので、ゼロインしようとすると本体が思い切り左に向くというお粗末。同じモデルを買われた方はきっと臍をかんでいるに違いありません。兎に角、非道かった!

ところで、この度めでたく手に入れて日を空けずに前回同様Combat Zone 京都に新しいダットサイトを持ちだしたのですが、OFFのはずなのにドットが点灯しているではありませんか!最初はスイッチ不良だと思ったのですが、実はこいつにも調光センサ-が付いていて光を感知して点灯するようになっていたのです。ONと思っていたのは常時点灯でした。従って屋外ではOFFでも周りの明るさに反応して点灯、室内や暗いところではONにすることによって、光点が見えなくなる弱点を克服していたのでした。ま、バッテリ-は食うでしょうが、室内でドットが消えるなんてアホな状態からおさらば出来て嬉しいですわ。




こやつです! これは買わないでおきましょう わたしゃ捨てました                 右はSFBC の東クン


今回のダットサイトはいつも無理を言っては困らせている大阪日本橋のSFBC にまたもお願いしました。このお店、断ることを知らない「先ずはやってみましょう」的スタンスの社長が素晴らしく、それをまた煽る東君という責任者が居て、兎角高飛車なショップが多い中で非常に希有な存在。大体がしてこのモデルはとっくに旬を過ぎたモノで、国内は愚かレプリカ天国の香港、台湾ですら生産を殆どしていないというE難度。待つこと凡そ2ヶ月。2個だけ入りました!とLINE が入ってきてイソイソと貰いに行きました。今ひとつは私のなんちゃってHK53の記事を読んでもっと凄いモノを作っちゃったH&M さんが二つ返事で攫っていきました。

  
【左】Left Side View ロゴマ-クとかサイズ違いますが気分です               【右】Right Side View もっともらしい注意書きが書いてありますが.....




contoinony とか U.S Potent........って(^^; 苦肉の策が泣けますなぁ


ズンベラボ-な以前のもの較べたら雰囲気だけでも良い感じです。何よりキチンとしたドット映りだとか、上下左右の調整も文句なしだしやっと納まるべきところに納まったという感じ。近接戦闘の多いゲ-ムでは非常に具合がよろしい。偏光レンズは、どうしたものか接着されているようで外れませんが、晴天時はダ-クに設定すれば光点がはっきり見えますし久しぶりに良い買い物したかな?と思っております。



DDPM と HK53(L101A2)

DPM ~DDPM 時代にしばしばミリフォトに登場したHK53 ですが近年殆ど見ませんね。アフガニスタン戦当時はDDPM を着込んだ特殊な方々や機械化部隊などの兵士が持ち出しているのを見たきりです。私もDDPM というとOSPREY を着込んで出陣していましたが、HK53 が武器庫に入ったお陰で今までお蔵入りしていたアサルトベストを引っ張り出すことが出来るようになりました。内心相当に喜んでおります。今回もお世話になったCombat Zone 京都 は主戦場がベアグランドなのでDDPM はうってつけな迷彩です。一方、HK53 の方は、純正多弾マガジンが450連で3本もあればフルオ-ト戦でも撃ち負けはまずないです。中華ながら弾あがりも秀逸で停滞もありません。弾道は今までの記事をご覧の通り。0.2g 仕様で纏めていますが、バレルとチャンバ-パッキンの変更のみで30m のドッグファイトではセミ・フルとも集弾性、命中精度は高くその上、MP5 系の取り回しの良さと携行弾数の多さに加えライトハンドガ-ドに換装していることで夜戦、屋内戦にも対応できるマルチパ-パスさが気に入っています。



今回はアフガン当時のDDPM を着ていた THe Queen's Royal Lancers を気取ります・・・・・・

  続きを読む

2017年12月02日

KTW Lee Enfield Rifle No.4 Mk.1 の手直し補記

前回のフロントサイトの修正について「滅茶苦茶解りにくい」と言う苦言を頂戴したので悄々ともう少し詳細な記事を認めます。但し、飽くまで私の個体が前提、と言うこととイラストで描くので極端な表現もあると言うことで決してKTW の製品を貶めるつもりはないことだけは申し添えます。KTW はホップ調整もキチンとした上で出荷するという良心の塊みたいなメイカ-でして、業界の中では希有な存在であります。マ◎イだって××だって、M4 を例に取るまでもなくフロントサイトなぞキチンとセッティングされたものなど先ず無いです。だから謂わば今回の修正だって寧ろ我々ユ-ザ-側の調整の範囲に入るべきものであると私はかねがね思っています。さて、箱出しで着弾が左に寄るということでサイト調整をフロントで行いました(リアサイトはエレベ-ションウィンテ-ジのみの調整)。その結果は以下の通りでした。判りやすく少し極端に描いていますが、銃身の長い銃では非常に見分けのつきにくい微妙な傾きでした。※エレベ-ションと書いているつもりでウィンテ-ジと入力して、しかも気がつかないでいるとは、段々ボケが激しくなってきましたな

1.どんな状態だったか?

  
【左】リ-フサイトを寄せることで修正 理由はフロントサイトの僅かな傾き            【右】見た目が悪いので理想のフロントサイト正立を目指します


  続きを読む