2017年12月13日

HK53 と DDPM (その後のHK53)


やっとこさレプリカのTrijicon Reflex が手に入りました 本当はⅠ型?が欲しかったのですがどうもⅡ型?でした 偏光レンズ部が取り外せないのが困りもの


ですがね・・・・・ このレプリカは手が込んでいて本体横にスイッチが付いていて、ON/OFF が" 自分 " で出来ます。当たり前と思うでしょ?でもね初めに求めたモノは暗いところに入ると調光センサ-が働いてドットが消えるアホな仕様だったんですよ。その上、コ-ティングガラスの取り付けが明後日の方向にセットされているので、ゼロインしようとすると本体が思い切り左に向くというお粗末。同じモデルを買われた方はきっと臍をかんでいるに違いありません。兎に角、非道かった!

ところで、この度めでたく手に入れて日を空けずに前回同様Combat Zone 京都に新しいダットサイトを持ちだしたのですが、OFFのはずなのにドットが点灯しているではありませんか!最初はスイッチ不良だと思ったのですが、実はこいつにも調光センサ-が付いていて光を感知して点灯するようになっていたのです。ONと思っていたのは常時点灯でした。従って屋外ではOFFでも周りの明るさに反応して点灯、室内や暗いところではONにすることによって、光点が見えなくなる弱点を克服していたのでした。ま、バッテリ-は食うでしょうが、室内でドットが消えるなんてアホな状態からおさらば出来て嬉しいですわ。




こやつです! これは買わないでおきましょう わたしゃ捨てました                 右はSFBC の東クン


今回のダットサイトはいつも無理を言っては困らせている大阪日本橋のSFBC にまたもお願いしました。このお店、断ることを知らない「先ずはやってみましょう」的スタンスの社長が素晴らしく、それをまた煽る東君という責任者が居て、兎角高飛車なショップが多い中で非常に希有な存在。大体がしてこのモデルはとっくに旬を過ぎたモノで、国内は愚かレプリカ天国の香港、台湾ですら生産を殆どしていないというE難度。待つこと凡そ2ヶ月。2個だけ入りました!とLINE が入ってきてイソイソと貰いに行きました。今ひとつは私のなんちゃってHK53の記事を読んでもっと凄いモノを作っちゃったH&M さんが二つ返事で攫っていきました。

  
【左】Left Side View ロゴマ-クとかサイズ違いますが気分です               【右】Right Side View もっともらしい注意書きが書いてありますが.....




contoinony とか U.S Potent........って(^^; 苦肉の策が泣けますなぁ


ズンベラボ-な以前のもの較べたら雰囲気だけでも良い感じです。何よりキチンとしたドット映りだとか、上下左右の調整も文句なしだしやっと納まるべきところに納まったという感じ。近接戦闘の多いゲ-ムでは非常に具合がよろしい。偏光レンズは、どうしたものか接着されているようで外れませんが、晴天時はダ-クに設定すれば光点がはっきり見えますし久しぶりに良い買い物したかな?と思っております。



DDPM と HK53(L101A2)

DPM ~DDPM 時代にしばしばミリフォトに登場したHK53 ですが近年殆ど見ませんね。アフガニスタン戦当時はDDPM を着込んだ特殊な方々や機械化部隊などの兵士が持ち出しているのを見たきりです。私もDDPM というとOSPREY を着込んで出陣していましたが、HK53 が武器庫に入ったお陰で今までお蔵入りしていたアサルトベストを引っ張り出すことが出来るようになりました。内心相当に喜んでおります。今回もお世話になったCombat Zone 京都 は主戦場がベアグランドなのでDDPM はうってつけな迷彩です。一方、HK53 の方は、純正多弾マガジンが450連で3本もあればフルオ-ト戦でも撃ち負けはまずないです。中華ながら弾あがりも秀逸で停滞もありません。弾道は今までの記事をご覧の通り。0.2g 仕様で纏めていますが、バレルとチャンバ-パッキンの変更のみで30m のドッグファイトではセミ・フルとも集弾性、命中精度は高くその上、MP5 系の取り回しの良さと携行弾数の多さに加えライトハンドガ-ドに換装していることで夜戦、屋内戦にも対応できるマルチパ-パスさが気に入っています。



今回はアフガン当時のDDPM を着ていた THe Queen's Royal Lancers を気取ります・・・・・・

  続きを読む

2017年07月23日

2017年06月22日

MTP CHEST WEBBING


官品CHEST WEBBING は中央に3連マグポウチ(各ポウチに3本のマガジンが収納可能)、左右にユ-ティリティポウチが配され、MTP Ver.でも数々の亜流を生み出す元となった昔ながらのスタイル


  続きを読む

2016年03月20日

Royal Marines Boarding Team やらFPGRM etc.の装備の徒然

ゲーマーである私としてはコスプレファンから申しますとアプローチが違うだろ!と思われるかも知れませんが、フィールドに合わせた銃を選ぶことは極々普通でして、広大なフィールドではアサルトライフル系、CQB フィールドではサブマシンガン系をチョイスします。M4 などは場所を選ばないという点でやはり世界に冠たる名銃であろうと思います。んでもね、ナンでもカンでもM4 じゃ面白くないというのがガン好きゲーム好きの性。やっぱりシチュエイションで銃を換えるのが醍醐味というものでしょう。英軍に拘るとある程度は得物に縛りがあるわけですが、大っぴらに使えるかどうかは資料は勿論ですが実際にはどう使われているのかを知るにはやっぱりミリフォトを参考と言うことでしょう。今回は先日チームの定例をCZK(コンバットゾーン京都)で行うことになったのでその時参考にした写真資料などを元につらつらと記そうかと思います。




今回はかなり付け焼き刃的な出で立ちのMP5A5 (CYMA製)  メカボは勿論ブローバック機構もSD3 の記事同様強化済 快調です 次は外装いじりですなぁ  

  続きを読む

2016年01月16日

Arktis Chest Rigs のこと(前回の続き)


チェストリグの両サイドにあるポウチには実際にもキャンティーンのみならず様々なのものを入れて運用されます  ハンドガンを入れていたかどうかは不明





  続きを読む

2016年01月04日

Chest Rigs

        Happy New Year !


15年前の1月 セルビアの首都プリスティナでコソボの独立を支援するため、イギリスから派兵され市内を偵察するRoyal Marines 45Commando 兵士  


  続きを読む

Posted by Kafu' at 00:52Comments(5)DPMDDPMChest Webbing,Assault Vest

2013年08月01日

高槻 Border Zone のこと

高槻.....と表しても実は京都府にあるボーダーゾーンにお邪魔してきました。高槻市内から住宅街を抜けて15分ぐらいのアクセスの良いところにあります。この先、亀岡~京丹波方面に向かって行けばCZK(コンバットゾーン京都)さんがあったり、北摂から京都は優良なサバゲフィールドが増えてきて嬉しい限りです。

20年ほど前まで高槻の近くでは箕面がサバゲのメッカで、素晴らしいフィールドがあったのですが、心ないゲーマーが狭い山道に路上駐車を連ねたり、一般ハイカーに迷惑を掛けたり、フィールド近辺の植生を荒らし挙げ句は迷彩服で人目につくところを往来するなどして地域全体から締め出された経緯があります・・・・・・・・・・・・・この下りは前にも書きましたっけ・・・・今でも、一部に舞い上がったお馬鹿さん達がいるようで、先日も某所でハイカーに銃口を向けたり、川遊びしている子供たちの横で試射したりしたそうで、情けない限りです。困ったことにそういった連中は反省もせず別のフィールドに流れてしゃぁしゃぁとしていることです。自分たちがどんどんと遊べる場所を減らしているということに思い至ってほしいです。

さてそうした歴史や現状から肩身の狭い思いをしてきたゲーマー達がおおっぴらに楽しめる様に門戸を開いたのが有料フィールドです。近年ますますその存在意義が高まってきていると言えるでしょう。 少ないとはいえ女性ゲーマーも増加し、有料フィールドのサービスとして更衣室、トイレは最早、基本設備として組み込まれつつあります。また、山間部にもかかわらず電気ポット、電子レンジの完備、インスタント食品や飲料、更にはBB弾、ガス等のゲーム用品の販売、レンタル迷彩服、銃・・・・と、さながらフィールドは自己完結できる程にまでに進化しています。

此処、ボーダーゾーンはそんな有料フィールドの中では新しく出来た所で、府道横で車でのアクセスも良く、こぢんまりしてはいますが、緑に囲まれ起伏に富んだ地形は戦略性もあって面白いところでした。休日には人でごった返すフィールドも、平日は比較的空いていて少人数の我々平日ゲーマーは広々と使えて、ある意味恵まれているのかも知れません。




府道6号線(高槻亀岡線)に面しているボーダーゾーン入り口


  続きを読む

2011年06月06日

MTPにDPM装備~出自ノコト

これから書く事は飽くまでゲームユースと言う事を前提に読んでいただきたい、と前置きして・・・前回、MTPドレスにウッドランドDPM装備は親和性があると述べましたが、写真で確認できる英海兵隊(Royal Marine)のウッドランドDPMのPLCE装備以外でもMTPとDPMの組み合わせは案外使われて居るんではないかと思います。特殊部隊系は割と服装の自由があり、重くて嵩張るボディアーマーに比して、より俊敏に且つ柔軟な行動が取れるアサルトベスト等絶対に使っていると確信すらしています。特殊でも何でもない単なる暑がりの私もこれからの季節はボディアーマーは地獄。夏こそこれやで!と思っちゃう訳であります。濃いブッシュになぞこの装備で入り込むと同化の度合いが実に良いです。暫くOSPREYやらヘルメットを追いかけていた自分にとって、この軽快感は忘れていたものでした。


このアサルトベスト・・・・今では社名を変えたWyvern社製ですが必要にして充分な携行弾数を誇りポーチ類も充実しています。こいつは初期型で左胸にエポレットを設けていてランクスライドを通す事ができます。
捕虜になる前にランクスライドを外してポイッってできます(^^)     海兵隊あたりがこんな感じで使っていると信じたい今日この頃



  続きを読む

Posted by Kafu' at 23:15Comments(5)MTPChest Webbing,Assault Vest