2017年08月20日

Back to HK53(Classic Army)

過去から気になっていたものの手頃なモデルアップがなくてそのくせ流通している間には気がつかないとか興味が失せていて手にすることがなかった銃ってぇのがあります。ARES のL1A1 なんてのはその典型で、欲しいときにはディスコンになっていてオ-クションで高値がついているとか。それでまた欲しいものリストから消え去ったりの繰り返し。HK53もその中のひとつ。無性に手に入れたくなって、日本橋のショップに当たって貰ったら珍しく流通在庫があってすぐに手元に来ました。これも縁というものですね。縁と言えば、組み込みのメカボックスにも更新がなされていたみたいでメイカ-の最新に近いフュ-チャ-目白押しでもありました。



HK33 のショ-トタイプとして登場 MP5 シリ-ズとの互換部品も多いのですがこいつは5.56mmNATO 弾をぶちかましました 英軍ではL101A1として割と使われていたものです


今回手にしたのは Classic Army 社製でKHC 社製の方が出来がよいとは聞いていたのですが、銃並にメイカ-としてもマイナ-なところが好きだったものの、マイナ-故に既にどこからも手に入れられませんでした。クラシックア-ミ-とは実は初めての邂逅でメイカ-名の響きが「暗闇」に聞こえて・・・・・どうにも食指が動かなかったんですが、選択肢がなかったというのが正直なところ。試し撃ちしてみたところ、ピストンの打撃音に続いてスプリングのビビり音とが気になりました。日本仕様にと初速調整のためのバネカットとシリンダ-ヘッドの緩衝能力が足りないのだろうと予見した上で、チュ-ンの段取りを頭に浮かべてバラし開始。アッパ-フレ-ムの作りはCYMAと比べるとお世辞にも褒められたものではなく、スコ-プマウント部分なぞ採寸間違っているんではと思います。・・・・・・・・・・・・ところで、「 Classic Army HK53 分解 」 とネットで調べてもまともなものが出てきません。その理由は、マ○イのMP5 の分解手順と殆ど同じだからです。と言うことで私もはしょります。体が覚えているバラし方と寸分違わずバラせます。強いて言うなら、ストックを外すのにストッパ-部品がないことと、ロアフレ-ムの抜き出しは少しだけ後方にズラしたあと、モナカ構成のアッパ-レシ-バのネジを外して先に割殻して窮屈に組み込んであるFET デバイス配線の引き回しを傷めないようにするぐらいでしょう。



モナカ状態のアッパ-レシ-バ マ○イと言うより 昔懐かしいZEKE のアルミフレ-ムをパクって5.56mm 用に延長して作ったものの様です GUARDER 製に似ているのはボルト開閉だけです


でもケナすのはここまでにします!



【左】何だかいつもの海外製メカボと違う佇まい!                 【右】ハナから8mmベアリングを軸受けに使用しています



強化版のメカボックス内側には絢爛たるカスタムパ-ツ  しかし目がチカチカする配色は何とかならないのかな(^^;?



【左】シリンダヘッドも金属製 凄いのはノズルの気密の高さ                【右】今やカスタムの定番の樹脂製ピストンに金属ヘッド



【左】これって・・・・・もしや・・・・FET デバイス!?                   【右】中華のイメ-ジを一新させる静粛で高トルクなモ-タ-



海外モデルではお馴染みのスプリングのリアエントリ-も簡単に行えます  スプリングの選択、初速調整にはこの機構があるかないかでストレスがまるで違います


いつからこの様な内部になったのか少し前の" 暗闇 "からどっこい立派なClassic Army に生まれ変わっておりました。海外製をよく手に入れるチ-ムメイトに聞くと、この所のクラシックア-ミ-の進境は著しいものがあると言っていましたし、日本以外の海外での評価も非常に高いとか....。ICS といい食わず嫌いはダメだね、と痛感。銃自体の設計はマ○イの二番煎じですから古いし、FET 絡みのパ-ツの後付感が配線の窮屈なところに現れていますが、カスタムパ-ツを揃える必要がありませんし、グリスべったりだってないし、シム調整も不要でした。モ-タ-はいつもマ○イ製に換装するのですが、部屋中の鉄製品を呼び寄せるような異常磁力なものではなく、静かでしっかり回るので様子見しようと思うほどでもありました。内部はガワの出来の悪さを補って余りあります。第一KSC が殆どディスコン状態ですから、HK53 に関しては贅沢も言えませんしね。勿論不満もあるんですが、わざわざパ-ツを買いそろえる必要もないなんて、CP の高さは変わりありません。
  続きを読む

Posted by Kafu' at 00:05Comments(0)L101A1(HK53)

2017年08月15日

ARES L1A1の弄くりなおしのこと


久々のWooden Furniture 組み込みのL1A1  好事家がKA のウッドVer.にしたものとはキャリングハンドルが決定的に違います


このところ忙しさにかまけてトンと筆の進まぬ日々です。盆休みさえ暦通りには採れぬ始末で、ありがたいのはやまやまなんですが、今年の息をするのさえ暑い8月は葦簀の陰でのんびりしたいものだと思うのも此処だけの心情の吐露(^^)  続きを読む

Posted by Kafu' at 23:06Comments(4)英軍装備 Old SchoolL1A1