2017年12月13日

HK53 と DDPM (その後のHK53)


やっとこさレプリカのTrijicon Reflex が手に入りました 本当はⅠ型?が欲しかったのですがどうもⅡ型?でした 偏光レンズ部が取り外せないのが困りもの


ですがね・・・・・ このレプリカは手が込んでいて本体横にスイッチが付いていて、ON/OFF が" 自分 " で出来ます。当たり前と思うでしょ?でもね初めに求めたモノは暗いところに入ると調光センサ-が働いてドットが消えるアホな仕様だったんですよ。その上、コ-ティングガラスの取り付けが明後日の方向にセットされているので、ゼロインしようとすると本体が思い切り左に向くというお粗末。同じモデルを買われた方はきっと臍をかんでいるに違いありません。兎に角、非道かった!

ところで、この度めでたく手に入れて日を空けずに前回同様Combat Zone 京都に新しいダットサイトを持ちだしたのですが、OFFのはずなのにドットが点灯しているではありませんか!最初はスイッチ不良だと思ったのですが、実はこいつにも調光センサ-が付いていて光を感知して点灯するようになっていたのです。ONと思っていたのは常時点灯でした。従って屋外ではOFFでも周りの明るさに反応して点灯、室内や暗いところではONにすることによって、光点が見えなくなる弱点を克服していたのでした。ま、バッテリ-は食うでしょうが、室内でドットが消えるなんてアホな状態からおさらば出来て嬉しいですわ。




こやつです! これは買わないでおきましょう わたしゃ捨てました                 右はSFBC の東クン


今回のダットサイトはいつも無理を言っては困らせている大阪日本橋のSFBC にまたもお願いしました。このお店、断ることを知らない「先ずはやってみましょう」的スタンスの社長が素晴らしく、それをまた煽る東君という責任者が居て、兎角高飛車なショップが多い中で非常に希有な存在。大体がしてこのモデルはとっくに旬を過ぎたモノで、国内は愚かレプリカ天国の香港、台湾ですら生産を殆どしていないというE難度。待つこと凡そ2ヶ月。2個だけ入りました!とLINE が入ってきてイソイソと貰いに行きました。今ひとつは私のなんちゃってHK53の記事を読んでもっと凄いモノを作っちゃったH&M さんが二つ返事で攫っていきました。

  
【左】Left Side View ロゴマ-クとかサイズ違いますが気分です               【右】Right Side View もっともらしい注意書きが書いてありますが.....




contoinony とか U.S Potent........って(^^; 苦肉の策が泣けますなぁ


ズンベラボ-な以前のもの較べたら雰囲気だけでも良い感じです。何よりキチンとしたドット映りだとか、上下左右の調整も文句なしだしやっと納まるべきところに納まったという感じ。近接戦闘の多いゲ-ムでは非常に具合がよろしい。偏光レンズは、どうしたものか接着されているようで外れませんが、晴天時はダ-クに設定すれば光点がはっきり見えますし久しぶりに良い買い物したかな?と思っております。



DDPM と HK53(L101A2)

DPM ~DDPM 時代にしばしばミリフォトに登場したHK53 ですが近年殆ど見ませんね。アフガニスタン戦当時はDDPM を着込んだ特殊な方々や機械化部隊などの兵士が持ち出しているのを見たきりです。私もDDPM というとOSPREY を着込んで出陣していましたが、HK53 が武器庫に入ったお陰で今までお蔵入りしていたアサルトベストを引っ張り出すことが出来るようになりました。内心相当に喜んでおります。今回もお世話になったCombat Zone 京都 は主戦場がベアグランドなのでDDPM はうってつけな迷彩です。一方、HK53 の方は、純正多弾マガジンが450連で3本もあればフルオ-ト戦でも撃ち負けはまずないです。中華ながら弾あがりも秀逸で停滞もありません。弾道は今までの記事をご覧の通り。0.2g 仕様で纏めていますが、バレルとチャンバ-パッキンの変更のみで30m のドッグファイトではセミ・フルとも集弾性、命中精度は高くその上、MP5 系の取り回しの良さと携行弾数の多さに加えライトハンドガ-ドに換装していることで夜戦、屋内戦にも対応できるマルチパ-パスさが気に入っています。



今回はアフガン当時のDDPM を着ていた THe Queen's Royal Lancers を気取ります・・・・・・

  続きを読む

2017年07月09日

L85 のスタイル変遷

サバゲ歴も30年近くなって、振り返ってみると自分の手にした銃は数知れず、今では手元にないものも数多くある中、常に折々のゲ-ムのシチュエイションの真ん中に居続けたのは、このL85 シリ-ズです。世紀の駄銃といわれ、或いは鈍器とけなされてきたのですが、英軍装備をする以上、避けて通れないのも事実。今まで私のブログを飾った姿を並べてみました。不細工の極致と笑わば嗤え、私にとってはやっぱりSoul food ならぬ魂の銃達。故障知らずだったアサヒBV ユニットをMMC に組み込んだお手製L85A1 に始まり、手が掛かるけど愛して止まないG&G L85、後期型ハンドガ-ドを装備した新進のICS L85A2 などなど。付属のアクセサリ-や光学機器も、ブログの最初を飾ったACOG TA31 FIST のなんちゃってレプリカのでっち上げ、STAR/ARES のサイズ間違いのAG80 を改修したUGL があったり、トライアルでしか使用されなかったELCAN SPECTER DR も最早、後戻りの出来ない切った貼ったの塊であるOS4X に変貌させたり、とエピソ-ドは尽きません。しかしこの変遷も2020年には次世代アサルトライフルが採用されれば、思い出の一コマになるでしょう。でもここまで一筋にやって来た事には我ながら呆れそして感心しております。



エアタンク全盛時代、ブッシュ貫通力、確実な給弾、30連バナナマガジンで最も多くの弾数をこめることが出来る優れた能力のあったアサヒユニット組み込みのMMC L85A1




  続きを読む

2017年05月14日

2017年05月12日

SHIELD RDS for ELCAN SPECTER のでっち上げ Part.5 (最終項の1)


撮影する直前まで手直しを続けた なんちゃって" SHIELD RDS CQB と ELCAN SPECTER OS4X " の silhouette


西側装備祭でお披露目、と言っていたくせに様々なところで思惑違いとミスがあって、作業はすれど前には進まないと言う鈍臭さ。まぁ、出たとこ勝負ですから仕方ありません。中でも痛恨の失敗はバッテリ-ハウジングのサイズの見立てミス。CR2032 のボタン電池を使うまではわかっていたのですが、バッテリ-キャップの外径がこの電池が入る程度と、思い込んで作っちゃったのがそもそもの間違い。ほぼ完成という所まで行ったところで、あれ!? ってな始末でした。結句、今更電池内蔵機構を作り直すには強度的にも問題があったので、泣く泣く諦めました。その代わりにオリジナルのバッテリ-ハウジングから配線を引き出してスイッチに結線。外部からのスライドスイッチでのON/OFF 機構は残しました。電池交換の際に少々手間が掛かる事は甘んじることにしました。おまけにマウントとロングタイプフ-ドがこれまた難敵でした。焦れば仕上げは雑になるし採寸ミスと老眼も手伝って今まで掛かってしまいました。ともあれ、ヤルゾとぶち上げてから早や7ヵ月。作らなきゃ、と言う強迫観念が澱の様に体に沈んでいて折々にプレッシャ-を掛けてきたものが、漸く抜け落ちた気がしております。


  続きを読む

2017年04月30日

西側装備祭3rd のOut of Bounds の更に外側の脱線話とSHIELD RDS CQB

くずき氏主催の西側装備祭が一応の終わりと言うことで、同好の士の集まりの場が消え去ってしまったことに英兵たちは・・・・・・・・




こんな感じに燃え尽きて・・・・・・おります・・・・です・・・・・・・ハイ

  続きを読む

2017年04月25日

西側装備祭3rd のOut of Bounds

イベント戦には仕事柄に加えて出不精と声の大きい人には気圧される性格と相まってトンとお邪魔しなかった私がこの「西側装備祭」には何故か数えてみれば3回目にも参加。主催のくずき氏のお人柄とゲ-ムにトコトン理解のあるカメラマンでもあるビスコ嬢の笑顔に惹かれてついついといった所、です。今回はブログで知り合った裸の男爵氏、チームの定例会に来てくれるおっく-氏、弟子のJOJO君にもうン十年来の知己であるI 夫妻がこぞって参加。それにはるばる岡山は倉敷から開催を聞き及んでエントリ-されたフジタ氏も加わってマイノリティなはずの英軍が何と7名のマジョリティ。少数派に慣れているので逆にへどもどしながら、でも内心欣喜雀躍とはまさにこの事だぁ~とか思ってもいました。今回もビスコ嬢がふんだんに撮ってくれた写真も使わせていただきながらのご報告?本家本元のくずき氏のブログアップを待っていたのですが、既に一週間以上が経っているので、フライングします<(__)> 



大会専属!? のビスコ嬢がさりげなく撮ってくれたユニオンジャック・・・・・・集合写真でうっかり撮り忘れ・・・・・ありがたや~

  続きを読む

2017年04月13日

SHIELD RDS for ELCAN SPECTER のでっち上げ Part.4


訓練中のPara 兵士 レ-ザ-サイトを脱落防止のためにタイラップで銃本体とくくりつけているところが英軍らしくしみったれているところに萌えますな



  続きを読む

2017年03月28日

SHIELD RDS for ELCAN SPECTER のでっち上げ Part.3


ELCAN SPECTER OS4X & SHIELD RDS   英軍らしくヘルメット部に装備にぶら下げるためのリングを付けています (pic from Youtube)






  続きを読む

2017年03月04日

SHIELD RDS for ELCAN SPECTER のでっち上げ Part.2


延長フ-ドを外したELCAN SPECTER OS4X を載せたL85A2 を構える3Para 兵士  キャッツアイバンド付きMk.7 ヘルなんですがMk.6 のチンストラップに換えてます



Part.1 でやるぞ!宣言をして置きながら、一向にやらなかった最早オオカミ少年的な私で御座います。あれからかれこれ丸五ヶ月が経ち、その間に裸の男爵さんが作っちゃったという最早二番煎じのネタですが、作らないことに現用英軍装備でござい、とゲームにも行けず、自分のために作成を開始しました。



裸の男爵さんの殆どフルスクラッチのELCAN SPECTER OS4X  驚愕の完成度! RDS なんか水抜き穴の再現までしていて私もオチオチしていられませんです


ELCAN SPECTER DR のレプリカにも、キルフラッシュなどアフタ-パ-ツもそれなりに出ているのですが、スコ-プ本体は数社から出ているので微妙にサイズが違います。特に違いが出るのは対物レンズの大きさやフ-ドの径でして、イギリス軍仕様のOS4X ではロングフードが標準なので、例えばキルフラッシュのレプリカを求めてフードに充てようとしてもネジ径が全く合わないという事態も起こります。私も見事にハマっちゃった訳ですが、文句の言いようもないので、先ずはプラ板で自作。どうにもしっくりいかず試行錯誤している裡に仕舞いにはRDSをでっち上げる気力も失せておりやした。ひょんな事で古いエアガンアクセサリーの箱を明けてみたら、パチコンプのバトラ-キャップが出てきて、試しにELCAN SPECTER OS4X のフ-ドに合わせてみたら、なんという僥倖!これがぴったり!斯くて、眠っていた制作意欲が再び湧き上がってきたという次第。例によって出たとこ勝負でアイディアはあるんですがうまく行くかは私の根気とテクニック・・・・・・。実は両方とも全く自身がないんですよねぇ~。  続きを読む

2016年09月28日

SHIELD RDS for ELCAN SPECTER のでっち上げ Part.1

やるぞやるぞ!と思いながら本体を作って以来、いっかな作業に取りかかれずにいました。理由は色々あれど一に仕事、二に仕事、三に家族、四にゲーム・・・・・で彼岸前からははこれまた世間のしきたりに従って動き詰めでかなり休みはつぶれる始末。勿論、以前から暇を見ては作業に取りかかるのですが、ついその前に愛銃の手入れやブラッシュアップをやってしまい、頭の中では出来上がっている計画が進みませんでした。こうして書いているのも自分に鞭を入れるためでして.....。ともあれ英軍ELCAN SPECTER OS4X に乗っかっている マイクロダットサイトである SHIELD RDS のなんちゃって製作計画を始動します。



SHIELD CQB   民生用のCQS とは違い英軍が採用したELCAN SPECTER OS4X への取り付けに合わせた仕様になっています < SHIELD Co.Ltd のネットカタログより>



  続きを読む