2017年12月13日

HK53 と DDPM (その後のHK53)


やっとこさレプリカのTrijicon Reflex が手に入りました 本当はⅠ型?が欲しかったのですがどうもⅡ型?でした 偏光レンズ部が取り外せないのが困りもの


ですがね・・・・・ このレプリカは手が込んでいて本体横にスイッチが付いていて、ON/OFF が" 自分 " で出来ます。当たり前と思うでしょ?でもね初めに求めたモノは暗いところに入ると調光センサ-が働いてドットが消えるアホな仕様だったんですよ。その上、コ-ティングガラスの取り付けが明後日の方向にセットされているので、ゼロインしようとすると本体が思い切り左に向くというお粗末。同じモデルを買われた方はきっと臍をかんでいるに違いありません。兎に角、非道かった!

ところで、この度めでたく手に入れて日を空けずに前回同様Combat Zone 京都に新しいダットサイトを持ちだしたのですが、OFFのはずなのにドットが点灯しているではありませんか!最初はスイッチ不良だと思ったのですが、実はこいつにも調光センサ-が付いていて光を感知して点灯するようになっていたのです。ONと思っていたのは常時点灯でした。従って屋外ではOFFでも周りの明るさに反応して点灯、室内や暗いところではONにすることによって、光点が見えなくなる弱点を克服していたのでした。ま、バッテリ-は食うでしょうが、室内でドットが消えるなんてアホな状態からおさらば出来て嬉しいですわ。




こやつです! これは買わないでおきましょう わたしゃ捨てました                 右はSFBC の東クン


今回のダットサイトはいつも無理を言っては困らせている大阪日本橋のSFBC にまたもお願いしました。このお店、断ることを知らない「先ずはやってみましょう」的スタンスの社長が素晴らしく、それをまた煽る東君という責任者が居て、兎角高飛車なショップが多い中で非常に希有な存在。大体がしてこのモデルはとっくに旬を過ぎたモノで、国内は愚かレプリカ天国の香港、台湾ですら生産を殆どしていないというE難度。待つこと凡そ2ヶ月。2個だけ入りました!とLINE が入ってきてイソイソと貰いに行きました。今ひとつは私のなんちゃってHK53の記事を読んでもっと凄いモノを作っちゃったH&M さんが二つ返事で攫っていきました。

  
【左】Left Side View ロゴマ-クとかサイズ違いますが気分です               【右】Right Side View もっともらしい注意書きが書いてありますが.....




contoinony とか U.S Potent........って(^^; 苦肉の策が泣けますなぁ


ズンベラボ-な以前のもの較べたら雰囲気だけでも良い感じです。何よりキチンとしたドット映りだとか、上下左右の調整も文句なしだしやっと納まるべきところに納まったという感じ。近接戦闘の多いゲ-ムでは非常に具合がよろしい。偏光レンズは、どうしたものか接着されているようで外れませんが、晴天時はダ-クに設定すれば光点がはっきり見えますし久しぶりに良い買い物したかな?と思っております。



DDPM と HK53(L101A2)

DPM ~DDPM 時代にしばしばミリフォトに登場したHK53 ですが近年殆ど見ませんね。アフガニスタン戦当時はDDPM を着込んだ特殊な方々や機械化部隊などの兵士が持ち出しているのを見たきりです。私もDDPM というとOSPREY を着込んで出陣していましたが、HK53 が武器庫に入ったお陰で今までお蔵入りしていたアサルトベストを引っ張り出すことが出来るようになりました。内心相当に喜んでおります。今回もお世話になったCombat Zone 京都 は主戦場がベアグランドなのでDDPM はうってつけな迷彩です。一方、HK53 の方は、純正多弾マガジンが450連で3本もあればフルオ-ト戦でも撃ち負けはまずないです。中華ながら弾あがりも秀逸で停滞もありません。弾道は今までの記事をご覧の通り。0.2g 仕様で纏めていますが、バレルとチャンバ-パッキンの変更のみで30m のドッグファイトではセミ・フルとも集弾性、命中精度は高くその上、MP5 系の取り回しの良さと携行弾数の多さに加えライトハンドガ-ドに換装していることで夜戦、屋内戦にも対応できるマルチパ-パスさが気に入っています。



今回はアフガン当時のDDPM を着ていた THe Queen's Royal Lancers を気取ります・・・・・・

  続きを読む

2017年09月29日

Back to HK53(Classic Army) Part.3

よく言われる" B型 " の性格宜しく、興味のないことにはてんで無関心なのに拘り出すとしつこい面がモロに出ているのがClassic Army Hk53 改修。ちょいと昔に 英軍が使っていた仕様 にしたくてアッパ-レ-バ-の変更を行ったあとも悶々としておりました。60万件のアクセスのお礼のあと、仕事に忙殺され、家庭内の” お仕事 ” で全く作業ができなかったのも理由のひとつですが、試行錯誤と現物合わせも含めて長らく記事が書けませんでした。その間もG3系フラッシュハイダ-取り付けとSHUREFIREタイプのライトハンドガ-ドの2セル化、そしてS・E・F グリップをバ-スト刻印のあるロアレシ-バ-へ、と換装計画だけは頭の中で完成しておりました。

1.Flash Hider の換装


チャ-ルズ皇太子の警護に当たる兵達の手にはHK53 (L101A2) ハイダ-はG3 系+ライトハンドガ-ド+Trijicon Reflex  DDPM のタクティカルベストにはク-ガ-マイクも見えます


  続きを読む

Posted by Kafu' at 00:46Comments(0)ACOGL101A2(HK53)

2017年09月01日

Back to HK53(Classic Army) Part.2


嗚呼!やっちまいました...短すぎるClassic Army の HK53 にどうしても我慢できずに手を入れてしまいました 少し長すぎる気もしますが全長は見事!実銃と一致しました でも合ってんのかなぁ??


  続きを読む

Posted by Kafu' at 01:16Comments(4)L101A2(HK53)

2017年08月20日

Back to HK53(Classic Army)

過去から気になっていたものの手頃なモデルアップがなくてそのくせ流通している間には気がつかないとか興味が失せていて手にすることがなかった銃ってぇのがあります。ARES のL1A1 なんてのはその典型で、欲しいときにはディスコンになっていてオ-クションで高値がついているとか。それでまた欲しいものリストから消え去ったりの繰り返し。HK53もその中のひとつ。無性に手に入れたくなって、日本橋のショップに当たって貰ったら珍しく流通在庫があってすぐに手元に来ました。これも縁というものですね。縁と言えば、組み込みのメカボックスにも更新がなされていたみたいでメイカ-の最新に近いフュ-チャ-目白押しでもありました。



HK33 のショ-トタイプとして登場 MP5 シリ-ズとの互換部品も多いのですがこいつは5.56mmNATO 弾をぶちかましました 英軍ではL101A2として割と使われていたものです


  続きを読む

Posted by Kafu' at 00:05Comments(4)L101A2(HK53)