2019年01月05日

2019年 Happy New Year !

あっさりと2019年が始まりました。昨年末は平成最後の云々がキ-ワ-ドのように使われましたがこれも現天皇がご存命であればこその使われ方です。4月には新元号が発表され5月1日からは新しい元号の下、新たな日本の歴史が刻まれる事に相成る訳ですね。使い慣れた平成が過去になるというのは何とも言葉に表しにくいのですが、昭和な私が明治、大正生まれの方に感じたものを、新たな元号生まれの人たちは同じように「わ!昭和生まれ」と思うんでしょうなぁ~。かつて役所の書面にM・T・S(明治・大正・昭和)と生年月日欄にあったものが、S・H・?と表記変更されるのかしらん?自分の時代が追いやられて行くようで少し焦りますな~。でもまだまだ昭和生まれはがんばるのだぁ~!!ってことで本年も何卒宜しくお願い申し上げます。



新年 明けましておめでとう御座います 2019年も何卒宜しくお願い申し上げます

・・・・・と、身近な歴史の変遷もあって、と言う訳でもないのですが昨年末にカメラマンであり、あの大英商店パロッズ店主でもある MIBULO 氏からイギリス軍装備の簡単な入門編みたいなものを写真にでも纏めようかというお話をいただいております。ポウチやベルト、ブ-ツの類からはたまたジャ-キンや靴下なんて言い出すとキリがないのですが、大雑把な摑みとでも言えるようなものなら、わかりやすいかな?と思ったりします。さくっとどんなものが用意できるのか、纏めてみました。内容はどこまで掘り下げられるのかは乞うご期待、と言うところです。いつもは付ける解説を今回は敢えて入れませんが手にしている銃器で或る程度の時代が分かるようにしている積もりです。(あ!手にしてない写真もある!)どの時代の英軍装備に興味があるのかも伝えていただけると嬉しいかもです。一応番号だけはふっておきます。




①                                        ②                                        ③



④                                        ⑤                                        ⑥



⑦                                        ⑧                                        ⑨



写真というかイラストは並べました。これにPLCE やOSPREY ベルトキット、チェストウェビング、ECBA 、各種ヘルメット、ゴ-グルなどのアイウェア 等を加えると無数のバリエ-ションが広がって下手をすると計画倒れになるかも知れません。しかし、折角の申し出なので破綻のない程度に纏めて良いものが出来たらなぁと思っています。



それからこの所、G&G L85 ETU の事ばかり書き募っていましたが、ICS L85A2 についてちょっとご報告というかおもしろいことになりそうなので次回は、コイツをネタにしようと思っています。








同じカテゴリー(英軍のベレー)の記事
S.I.G
S.I.G(2018-01-04 01:23)

やっと実戦配備
やっと実戦配備(2017-07-23 01:20)

この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

昨年は雨も多くてゲームの中止が相次ぎ、
ブログの更新も滞り、こちらにもコメントをしておりませんでしたが、
「あれ、なんだっけ?」とか「これ、どうするんだっけ?」
と思うたびにこちらを開いては「ああなるほど」となっていますw

本来は自分で勉強しなくてはいけないところを
口をあけてエサを待っているようで申し訳ないのですが、
Kafu'様の装備解説があると本当に勉強になります。
是非、私のような初心者にもわかりやすい解説をお待ちしています。

個人的にはDPMが守備範囲なので、3~5が興味関心の範疇でしょうか。
MTP以降は興味が薄れていくのですが、
さかのぼってみたい気持ちはあります。
最近はイギリス警察もかじって雑食の極みですが、
今年もブログを拝読していろいろ勉強させていただきます。
Posted by ジョソ・スミスジョソ・スミス at 2019年01月05日 09:33
ジョソさん:明けましておめでとう御座います。早速のコメントありがとうございます。L1A1 やらスターリングを持ち出してのゲーム風景をブログで拝見させていただいているので、やっぱり!って思いました。

意外と英軍趣味の方はDPMから以前に愛を感じていらっしゃる方が多い傾向だとMIBULO 氏も仰っていました。

私の装備やら解説も東京の友人の教えや色々な方の情報に助けていただいて自分一人の力ではとてもとても・・・・なお恥ずかしいレベルなんですが、少し体系的に出来ればなぁ、と思っております。

本年も宜しくお願い申し上げます。
Posted by Kafu'Kafu' at 2019年01月05日 23:15
新年を寿ぎ申し上げます。

いやいや、この写真がトップに来るとは家内ともども恐縮いたします。
思えば英軍装備は結構長いのですが、幾分広く薄くやってしまっているので、詳しいことは全く知りもはん!しかしどことなく紳士的な軍装は大好きです。
普段から英国服を愛用しておりスピリットオブジョンブルは大いに感心のあるところであります。

さて、本年もよろしくお付き合いくださいますよう、そして英軍学の大成を祈っております。

元岡山侯爵家24世 備前守
Posted by おきたまこと at 2019年01月06日 18:40
おきたさん:お二人はなかなかにフォトジェニックですからね~。本年も宜しくお願いいたします。
Posted by Kafu'Kafu' at 2019年01月07日 00:50
先日、コメントしたつもりでしたが、出来ていないかもしれないので再度コメントします_(^^;)ゞ

どうも、裸の男爵です。

自分もDPM大好き人間なので、Kafu'様や、ジョソ様のブログを拝見して一人でニヤニヤしています( ´∀` )

今でも心に強烈にあるのは、映画『ファイナルオプション』(邦題)の最初の頃に、行軍中のL1A1ライフルとDPM装備…………

かっこいい…………( 〃▽〃)




しかし、同時高校生だった自分には情報源が少なく、意を決してアメリカ村のMASHへDPMを買いに行ったのですが、あまりの種類の多さにどれを買っていいかわからなくなり、結局帽子だけ買って帰りました(*T^T)

その当時に『イギリス軍装備の簡単な入門編』みたいな書物でもあればもっとイギリス仲間を増やせたのかもしれないですね。
(^_^;)
Posted by 裸の男爵裸の男爵 at 2019年01月08日 09:48
男爵さん:あけましたおめでとうございました!

あの幻の名作、ファイナルオプションですか!話題はエンディング間近のシ-ンなのですが、前半にも興味を持たれたというのは、やはり通ですね!私もゲ-ムの先輩や書籍、ブログを始めてからは良くしていただいている皆さんのおかげもあってなんとかものを言っていますが、駆け出しの頃はかなり苦労したものです。MIBULO 氏と語らって良いものが出来ればなぁ、と思います。

それにしてもアメ村の頃のMASHを知っているとはなかなか。実はその当時のMASH にはこの項でも書き込んでいただいた おきたまこと さんとも共通の友人がいて私も世話になったものです。今じゃ粘っていたなにわガラクターも無くなって、アメ村はすっかりミ-ハ-向けの店ばかりになりましたね。寂しいものです。
Posted by Kafu'Kafu' at 2019年01月09日 00:06
再びおきたです。
私が初めてイギリス軍を意識したのが白黒映画の「史上最大の作戦」です。その後はTV ドラマの「ラットパトロール」そして、「遠すぎた橋」「鷲は舞い降りた」「ワイルドギース」等です。DPM以前が多いですが私もDPMの方が好きです。
まあ、歳がばれますな。あ、御互い様か?
Posted by おきたまこと at 2019年01月09日 14:26
おきたさん:懐かしいですね。でもラットパトロ-ルは元祖SASっぽいんですが、ありゃイギリス軍はちょい役でランドロ-バ-ならぬジ-プに機関銃というほとんどアメリカ軍の物語でした。トロイ軍曹でしたっけ?あのテンガロンハットを片方留めしていたのが格好良かったですね。

あとは言わずもがなの名作揃い。鷲は舞い降りた、のデニスンスモックにステンの出で立ちは萌えました。
Posted by Kafu'Kafu' at 2019年01月10日 00:12
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。