2018年10月16日

2018年09月07日

Commander Pouch と Pistol Mag pouch

お暑ぅございました。今年の夏はいつに増して強烈な暑熱、炎熱、油照り。夏バテした関西に世紀の逆進台風13号が来たと思えば高速強風移動型の21号が無茶苦茶してくれて、被害に遭われた方々やそれ以上の目に遭われた皆様も関西人として心よりお見舞い申し上げます。私個人は忙しい!? 仕事の合間にちゃっかりお約束の〇〇しか引かない夏風邪を引いて、トイレと寝床の行ったり来たり。夏生まれがこんなんじゃね、先が知れていますな~。
  しかし、漸く家の周りも秋風がたちはじめいつの間にやらつくつくほうしの鳴き声すら薄れ、空にはアキアカネが飛び交い、夕暮れからは虫の音が聞こえ出しました。・・・・・・・となりゃ、いよいよ・・・・・・・・・・重装備も出来る季節に!不謹慎な発言ではありますが、此処で黄昏れても仕方ありますまい。気合いを入れ直し!Virtus もこれからの季節に向けて再始動です。




VIRTUS SOLDIER SYSTEM では未だにアドミンポウチが出回っておらず専らこのCommander Pouch がその役目を担っています


  続きを読む

2018年05月01日

G&G L85 A2 を A3 化....ひとまず完成!!


G&G をベ-スにした L85A3  レシ-バのトップレイル高は低く抑えられ標準装備のELCAN SPECTER OS4X & SHIELD CQB RDS とのパララックスが一層改善されています 

  続きを読む

2018年04月12日

VIRTUS Soldier System のこと (Pouches etc.Vol.3)

< Collar Protection >



ポウチ類ではないのですが 忘れてならないのがカラ-・プロテクション OSPREY 後期の Patrol Collar とさほど変わりないシルエット

  続きを読む

2018年04月01日

VIRTUS Soldier System のこと (Goggles etc.)

<Goggles>


英軍の新装備 Virtu Soldier System のポウチなどを紹介して来ましたが、少し " 袋物 " から離れてアイウェアやヘルメット周りなどのご紹介から始めしょう。前回記事でアイウェアの裡、SAW FLY は継続使用ですがゴ-グルは BULLET ANT から その名も如何にも 悪そうな WOLF SPIDER に変わりました。軍隊蟻・サシハリ蟻から毒蜘蛛・子守蜘蛛にランクアップですね。メイカ-は如何にもな命名からしてREVISION 社で変わりはありません。BULLET ANT と較べかなり大振りなレンズ部を持ちます。アフガン戦中期までのESS ADVANCER V12と較べると大人と子供ほどの差がありますね。眼部を広く保護しようという目的だと思いますがMk.7 ヘルメットの縁に沿うような BULEET ANT より直線的でフィット感は少し後退した感じがします。尤も有料フィ-ルドではゴ-グル必須なところもありますから、ゲ-マ-としても最新装備をする場合には必要なものではあります。



Cobla Battle skins Helmet に合わせてゴ-グルが改変され BULLET ANT から WOLF SPIDER へ



  続きを読む

2018年03月27日

VIRTUS Soldier System のこと (Pouches Vol.2)

<FROG>



【上】Virtus の FROG  【下】従来のFROG ロ-プロファイル化して民生品で見られるようなベルクロ留めになりました SCABBARD が旧型なのはご愛敬です




  続きを読む

2018年03月17日

VIRTUS Soldier System のこと (Pouches Vol.1)


既報のSTVCHASSIS/MOLLE HIP BELT & YOKE にポウチ類を取り付けた全体像 DWD(Dynamic Weight Distribution System) も装着
SA80 を持っていなければ英軍には見えないシルエット モデルは論外ですが Virtus Soldier System はエラく垢抜けたイメ-ジ 野暮さが無いのが寂しい

  続きを読む

2018年02月11日

VIRTUS Soldier System のこと (STV 編 其弐)

他のブロガ-が喝破しているように英軍の新型装備群であるVIRTUS Soldier System のNOTO STOCK NUMBER は英国を表す99 ではなく 31 です。31 とはまさに今、何かと話題になっているイスラエルを表すナンバ-でして、開発や生産国は一国に留まらないにも拘わらずシステム全体はイスラエル(SOURCE 社)として捉えている証左であります。ま、軍備の総合商社みたいな感じですかね?既にご紹介したヘルメットもREVISION 社が既に開発していた ACH をベ-スに英軍仕様にしたものと考えられます。英軍としては2020年に向け新たなシステムを導入する計画で動いているものであって、果たして今のまま行くのか?と言う保証は実はありません。OSPREY Mk.4 がAとなったと同様、STV も A とかMk.2 にならないとは限らないと言うことです。とは言え英軍の ” 追っかけ " としては揃えていくしか無いかなぁ~、と思ってはいます。

サイドプレ-トポケットのこと


OSPREY の話が出たところで、話を続けますがMk.4 が当初軍に回り出した頃、胴体を覆うカマ-バンドがセットでありましたが、Mk.4”A” として全軍に行き渡る時にはカマ-バンドは廃され、OPSパネル+サイドプレ-トキャリアのセットとなり英軍で言う「Fighting Order」が当たり前になりました。STV は其壱で述べたように簡便なプレ-トキャリアからボディア-マ-迄をひとつのベストでやらかそうというものですから、実はサイドプレ-ト・ポケットも用意されています。その目的は言わずもがなではありますが脇腹を防護するための防弾プレ-トを入れるもので、STV本体にはOSPREY よりも簡単にホック留めで取り付けられるようになっています。そんなこんなで、サイドプレ-ト・ポケットも手元にあったりなんかしております。既にFDさんが記事になさっているのでご興味のある方は是非ご覧になってください。



サイドプレ-ト・ポケット This side faces body と書いてある方が内側となります 上下から言うと下側からサイドプレ-トを入れる仕様


  続きを読む

2018年01月12日

2018年01月04日

S.I.G

Happy New Year ! 明けましておめでとう御座います。



Specialized Infantry Group insignia        Dagger Knife ではなく L3A1 Bayonet があしらわれています


2018年の年明け早々のネタはS.I.G のお話。この世界でSIG と言えば英軍ファンならずとも、あのスイスの名銃が浮かびますよね。ま、これが頭に浮かぶのは正常な範囲ってもんです。が!シグ、と聞いて Specialized Infantry Group と口から漏れた人は間違いなく症状の進んだかなり重篤なビョ-キです。因みにグル-プというと我々が普段使っているイメ-ジと軍用語では大分趣を異にしていて物の本によると複数の大隊から成る戦闘部隊または支援部隊を指します。このPatch ですが実は市販されておりません。出来たてホヤホヤの未だ謎の多い部隊だけに本物は愚かレプリカさえ出回っていません。これ、友人であり導師であるK氏のいつもの” 無いものは作っちゃおうプロジェクト ” の逸品です。年の始めにそしてこれからの英軍の一翼を担う部隊のPatch だと思うのでご紹介する次第。

  続きを読む