2016年03月20日

Royal Marines Boarding Team やらFPGRM etc.の装備の徒然

ゲーマーである私としてはコスプレファンから申しますとアプローチが違うだろ!と思われるかも知れませんが、フィールドに合わせた銃を選ぶことは極々普通でして、広大なフィールドではアサルトライフル系、CQB フィールドではサブマシンガン系をチョイスします。M4 などは場所を選ばないという点でやはり世界に冠たる名銃であろうと思います。んでもね、ナンでもカンでもM4 じゃ面白くないというのがガン好きゲーム好きの性。やっぱりシチュエイションで銃を換えるのが醍醐味というものでしょう。英軍に拘るとある程度は得物に縛りがあるわけですが、大っぴらに使えるかどうかは資料は勿論ですが実際にはどう使われているのかを知るにはやっぱりミリフォトを参考と言うことでしょう。今回は先日チームの定例をCZK(コンバットゾーン京都)で行うことになったのでその時参考にした写真資料などを元につらつらと記そうかと思います。




今回はかなり付け焼き刃的な出で立ちのMP5A5 (CYMA製)  メカボは勿論ブローバック機構もSD3 の記事同様強化済 快調です 次は外装いじりですなぁ  

初めて行くフィールドや中間的なフィールドには、L85A2 と L22A2 を持っていく様にしています。しかしBV式でもJAC のバースト機能を持ったMP5A5 を使い、電動を本格的にフィールドで使いだした時も最初の銃がマ○イMP5だったほどでMP5シリーズは個人的に思い入れは勿論、最も好きなSMG の一つであります。CQB フィールドではやっぱり最初に頭に浮かぶのはコイツです。英軍ではSF 以外での使用例の写真は少ないのですがFreet Protection Group Royal Marines でも使われており艦内での戦闘など9mmパラの有効性が認められているからでしょう。また下掲の写真ではEOTECH のホロサイトを装着しており、貧乏英軍でも随分見識を広げたのだなぁと思わせます。広い視界が、艦船上でのCQB 戦でも有効である事が窺い知れます。後述している” 恐らく557を使用している ”、と記した理由はリアサイトに此処まで近づけて取り付けした場合、後部にスイッチをもった552では使えないからです。また553でも良いようなものですが557に比べ腰高であるため近接戦闘ではマズルとの高低差を出来るだけ避け、より正確なエイミングを考慮したものでしょう。先日のゲームでは一層CQB フィールド色の強くなったCZK でこの写真をネタにした” なんちゃってMP5 ”やらL22A2 で楽しんできました。



Royal Marines ”FPGRM" の訓練風景

 ホロサイト557!? を載せたMP5 A5 のR.I.S 仕様
よく見るとR.I.S は放熱口の無いタイプ サイドアームはSIGP226





サイドアーム

FPGRM はCQB を前提にサイドアームも必携であり2000年初頭まではご存じBrowning Hi-Power を使用 以降SIG P226 に改変されています。GLOCK・・・・・・・・?まだ確認とれていませんねぇ。当分SIG で行くのではないでしょうか。



Royal Marines が非常にしばしばミリフォトで使用を見せつけるL105A2 (SIG P226 RAIL) SHUREFIRE もX300系に換装です ・・・私のはX400 のレプリカですが(^^;




ヘルメットはMTP 世代に入っても時期によってMk.6、Mk.7 をチョイス  アイウェアは写真を見る限りSAWFLY とBULLET ANTを使い分けています



揃いもそろって何を照らしているんだか・・・・・ヘルメットカバーはチームによって違いが見られますが概ねエラスティックバンドを取り去ったタイプ。  レスピレータはS10 系 です。
一般歩兵用には新型GSR が既に手元にあるはずですが、艦内での行動では片側キャニスタ-で嵩張らないS10 系の方が活動的だと言うことは私としても非常に理解できます



レスピレータなど



なかなか使う機会がないアイテム達ですが、そっかぁ~艦艇がらみのRM なら使い途があるんだ! この辺りの蘊蓄はまっつ-さんにお任せしときましょう(^^)v



LLM01 だって、ノーメックスバラクラバだって使えるし(^^)  RM のL22A2 はノーマルのバードケイジハイダ-にHK バ-ティカルグリップがお約束  




ここまで準備をキチンとして・・・・・・当日朝・・・・・レスピレータ一式は部屋に置いて来ちまいました。この所の仕事漬けで脳みその動きがおかしかったのでしょう。


例によって怪しげなSBS ベストもどきにMK.6 と BULLET ANT Tactical Goggles



CQB 戦になるだろうとチームの連中は何も言わないでも短尺系の銃を用意してきます 


此処まですると些かやり過ぎなのですが、ブローバックギミックをオフにしてのサプレッサーは効果がありますね







同じカテゴリー(L22A2)の記事
L85 のスタイル変遷
L85 のスタイル変遷(2017-07-09 23:30)

この記事へのコメント
Forearm of MP5 that members of the FPGRM is using has received the information from mate overseas and is made of B&T . Thank you Sebastian for your accurate information.

B&T MP5 HK94 TRI-RAIL HANDGUARD

The forearm that CYMA are making is what was made to imitate this model, it is like were not wrong altogether.


FPGRMの隊員が使っているMP5のハンドガードはB&T社製であると海外の方から情報をいただきました。

B&T MP5 HK94 TRI-RAIL HANDGUARD - SWISS MADE

CYMAが作っているハンドガードはこのモデルを模して作ったものですから、あながち間違ってはいなかった様です。
Posted by Kafu'Kafu' at 2016年03月21日 23:49
サバゲーデビューからCYMAのMP5ファンのひとりです。
メタルレシーバーは頑丈だし、メカボもギア交換とシム調整で充分使える物です。
ゲーム仲間からSDの調整を頼まれ、2丁仕上げましたよ〜。
プレースタイルがセミオート多用のオーナーさんでしたので、
サイレントピストンヘッド&シリンダーヘッド アルミシールノズル
SHS18:1ギア 7mmベアリング 仕様です。
あと教えていただいたショットキーバリアダイオードもモーターに組み込んでみました。
Posted by 火事手伝い(鈴鹿) at 2016年03月24日 23:25
火事手伝いさん:お久しゅうございます。LBR深溝ではSMGが有効ですもの。力を入れてチューンされるのはよく分かります。

また二丁もイジったのですか?すごい集中力です。CYMAのMP5は仰る通り剛性が高いので私も手放せません。

またご一緒しましょう!
Posted by Kafu'Kafu' at 2016年03月25日 01:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。