2017年06月22日

MTP CHEST WEBBING


官品CHEST WEBBING は中央に3連マグポウチ(各ポウチに3本のマガジンが収納可能)、左右にユ-ティリティポウチが配され、MTP Ver.でも数々の亜流を生み出す元となった昔ながらのスタイル


SAS パンツ或いはグルカパンツとはcrossover belt trousers (クロスオ-バ-・ベルト・トラウザ-ス)の事だったと同様、長い間このアイテムも私はCHEST RIGS (チェスト・リグ)と呼んでいました。呼称自体に間違いはなくリグ、で充分に意味は通じますし、ネットで調べてもウェビングと同様の記事が出てきますが呼称を英国に倣いこれからは CHEST WEBBING (チェスト・ウェビング)と記すことにします。

rigs (リグ)というと装備といった意味合いが強くwebbing (ウェビング)というと胴巻きという意味合いが入る感じがします。英国人から言わせると bandolier (バンダリア)に似たイメ-ジなのかも知れません。幾度となくこのアイテムは私のブログにて紹介、解説をしてきましたが、MTP が導入されて早や5年近くなり、最新装備は兎も角、MTP 迷彩の PLCE 装備、ECBA、PRR ポウチや被服もS95タイプに揺り戻すカオスな英軍装備の中で遅まきながらこのCHEST WEBBING も遂にMTP 版が出来上がってきました。ゲ-ムを始めた頃から最も慣れ親しんだのがこのオ-ルド装備で、当時、背中一面を覆うエアタンクを背負っていたので、謂わば当然の選択でもあったのです。背負いものがステレオタイプな本職の英軍兵士が行軍にも使用している例は幾つもあります。片や私以上にゲ-ム仲間の友人は長らく出るのを待ち望んでいました。それほどこのチェストウェビングはゲ-ムユ-スでも使いやすく、軽量で且つ大量の弾薬(あ、BB か)を携行出来ます。




長らく登場を待っていたMTP CHEST WEBBING   マップポケット裏側のタグには2016製の表記  NSN は8465-99-667-4554



【左】ポウチ内側は防水マテリアルが裏打ちされます                    【右】SA80系マガジンは3本収納可能  AK、MP5 マガジンも携行可能です
※フラップはファステックス or ベルクロ 或いは併用が出来るところが官品の特徴です    因みにファステックスは米軍ミル・スペック規格の ITW NEXUS




【左】官品かMoD御用達メ-カ-のみが使えるMTP リボン                       【右】何かと便利なユ-ティリティポウチと本体の間のポケット



ハ-ネスの左肩にはClansman 349 radio 用のポウチが取り付けられるようにスナップホックがあしらわれています  このポウチのMTP Ver.が出ているのかは不明




【背面】      左端のウェストベルトがある意味「キモ」です


以前、Arktis Chest Rigs 編でご紹介したRoyal Marines の写真ですが今回は違うところに注目。それはFROG の位置なんですがこれどう見ても官品のチェスト・ウェビングの特徴であるウェストベルトに取り付けられているんですよ。勿論DPM のそれにもあるのですがウエストベルトにはT-Bar タブ・アタッチメント が差し込めるPLCE 仕様のベルトが一部分だけ使われています。どうやら其処にFROG を取り付けています。「嗚呼!そうだったのか」と、私としたことが完全に見落としていました



問題の写真 アメリカにて合同演習時のRoyal Marines の分隊支援射手 彼のチェスト・ウェビングのウエストベルトに注目!




【左】これですね PLCE の特徴であるT バ-・タブ・アタッチメントを差し込めるスリット付        【右】別にFROG 専用ではないでしょうがトレ-スしてみます  ホルスタ-も「有り」ですね




チェスト・ウェビングの少し寂しくなるサイドからバックにかけての雰囲気が一気に締まって見えますな





ここまですると重装備に見えますが多少の重さは仕方ないにしろ実際にフル・ロ-ドした状態で身につけても軽快な感じは損なわれませんよ ゲ-ムユ-スにもお勧め




ECBA との併用で使用されているものと推察しています  使用するのは主にこの装備の好きなRoyal Marines 辺りではないかな?とも







同じカテゴリー(BODY ARMOUR ( OSPREY,ECBA ))の記事
DDPM
DDPM(2016-05-23 00:50)

MTP BAYONET FROG
MTP BAYONET FROG(2015-07-20 00:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。