2018年04月05日

G&G L85 A2 を A3 化....その前に



最新の英軍銃器をワンオフ製作している裸の男爵さんですが、彼からA3 のハンドガ-ドセットを譲り受けたのは良いものの、私の手持ちは全て現用装備に合わせてバ-ジョンアップしているので残っているのはICS L85A2 のみ。しかし、彼のキットはG&G 製を念頭に置いているので悲しいかなICS では使えない。そこで、手頃なお値段で出ていたG&G の中古をオ-クションで手に入れたのがこれ ↓



未だに訓練や後方部隊、CADET などではこの光学系を載せないキャリングハンドル付きのオ-ルドスタイルの L85A2 を使用 ※サイズ感の合うマルイのノ-マル電動ガン用マガジンを付けています

  続きを読む

Posted by Kafu' at 01:48Comments(0)L85

2018年04月01日

VIRTUS Soldier System のこと (Goggles etc.)

<Goggles>


英軍の新装備 Virtu Soldier System のポウチなどを紹介して来ましたが、少し " 袋物 " から離れてアイウェアやヘルメット周りなどのご紹介から始めしょう。前回記事でアイウェアの裡、SAW FLY は継続使用ですがゴ-グルは BULLET ANT から その名も如何にも 悪そうな WOLF SPIDER に変わりました。軍隊蟻・サシハリ蟻から毒蜘蛛・子守蜘蛛にランクアップですね。メイカ-は如何にもな命名からしてREVISION 社で変わりはありません。BULLET ANT と較べかなり大振りなレンズ部を持ちます。アフガン戦中期までのESS ADVANCER V12と較べると大人と子供ほどの差がありますね。眼部を広く保護しようという目的だと思いますがMk.7 ヘルメットの縁に沿うような BULEET ANT より直線的でフィット感は少し後退した感じがします。尤も有料フィ-ルドではゴ-グル必須なところもありますから、ゲ-マ-としても最新装備をする場合には必要なものではあります。



Cobla Battle skins Helmet に合わせてゴ-グルが改変され BULLET ANT から WOLF SPIDER へ



  続きを読む

2018年03月27日

VIRTUS Soldier System のこと (Pouches Vol.2)

<FROG>



【上】Virtus の FROG  【下】従来のFROG ロ-プロファイル化して民生品で見られるようなベルクロ留めになりました SCABBARD が旧型なのはご愛敬です




  続きを読む

2018年03月17日

VIRTUS Soldier System のこと (Pouches Vol.1)


既報のSTVCHASSIS/MOLLE HIP BELT & YOKE にポウチ類を取り付けた全体像 DWD(Dynamic Weight Distribution System) も装着
SA80 を持っていなければ英軍には見えないシルエット モデルは論外ですが Virtus Soldier System はエラく垢抜けたイメ-ジ 野暮さが無いのが寂しい

  続きを読む

2018年03月08日

続 LLM03(Leser Light Module Mk.3) のこと


海外の好事家が一向にレプリカの出ないLLM Mk.3 を採寸して作っちゃったモックですが なかなかイイ線をイッています


  続きを読む

2018年03月01日

VIRTUS Soldier System のこと (STV ・Chassis & DWD)


Virtus Soldier System の革新的で先進的な2つ目(1つ目はSTV)のフュ-チャ-はDWD ( Dynamic Weight Distribution System)・・・・だそうな


  続きを読む

Posted by Kafu' at 00:57Comments(2)

2018年02月19日

LLM03(Leser Light Module Mk.3) のこと

Foxtrot Delta さん裸の男爵氏とがお互いに知恵と努力をされて海外で製作された LLM03 のレプリカを元に更に精密に再現、細部を深掘りされた記事が英軍ファンの間で話題になっております。Foxtrot Delta さんは英軍モノのミリブロでは最早、幅広い知識と保有アイテム数は我々の憧れの重鎮ですし対して裸の男爵氏は奈良が産んだ新進気鋭の製作物に抜きん出た力量をお持ちのお方。二人の会話のキャッチボ-ルは楽しいものがあります。そんなキャッチボ-ルの球がどうした弾みか私の方に転がってきました。
 というのも、今回のLLM03 を海外から手に入れたFDさんと男爵氏がそれを元に造りあげたものが余りに出来が良いものだから、大元のレプリカを私に譲ってくれることになったのです。斯く申す私はなんちゃって ELCAN SPECTER OS4X SHIELD RDS のレプリカを製作以来、現用英軍の銃器関係の方はうっちゃって、50年代~70年代辺りの装備と銃器を弄ってました。今年に入って漸く VIRTUS SOLDIER SYSTEM なぞにそろりそろりと手を出しておりますが、降って湧いた有り難いお話には簡単に乗っちゃいますのよ、あたくし。


・・・・・・・で早速、FD さんから届いたのがこれ


全体の雰囲気は上手く掴んでいると思いますが塗色に少し?マ-ク付きますね


  続きを読む

2018年02月11日

VIRTUS Soldier System のこと (STV 編 其弐)

他のブロガ-が喝破しているように英軍の新型装備群であるVIRTUS Soldier System のNOTO STOCK NUMBER は英国を表す99 ではなく 31 です。31 とはまさに今、何かと話題になっているイスラエルを表すナンバ-でして、開発や生産国は一国に留まらないにも拘わらずシステム全体はイスラエル(SOURCE 社)として捉えている証左であります。ま、軍備の総合商社みたいな感じですかね?既にご紹介したヘルメットもREVISION 社が既に開発していた ACH をベ-スに英軍仕様にしたものと考えられます。英軍としては2020年に向け新たなシステムを導入する計画で動いているものであって、果たして今のまま行くのか?と言う保証は実はありません。OSPREY Mk.4 がAとなったと同様、STV も A とかMk.2 にならないとは限らないと言うことです。とは言え英軍の ” 追っかけ " としては揃えていくしか無いかなぁ~、と思ってはいます。

サイドプレ-トポケットのこと


OSPREY の話が出たところで、話を続けますがMk.4 が当初軍に回り出した頃、胴体を覆うカマ-バンドがセットでありましたが、Mk.4”A” として全軍に行き渡る時にはカマ-バンドは廃され、OPSパネル+サイドプレ-トキャリアのセットとなり英軍で言う「Fighting Order」が当たり前になりました。STV は其壱で述べたように簡便なプレ-トキャリアからボディア-マ-迄をひとつのベストでやらかそうというものですから、実はサイドプレ-ト・ポケットも用意されています。その目的は言わずもがなではありますが脇腹を防護するための防弾プレ-トを入れるもので、STV本体にはOSPREY よりも簡単にホック留めで取り付けられるようになっています。そんなこんなで、サイドプレ-ト・ポケットも手元にあったりなんかしております。既にFDさんが記事になさっているのでご興味のある方は是非ご覧になってください。



サイドプレ-ト・ポケット This side faces body と書いてある方が内側となります 上下から言うと下側からサイドプレ-トを入れる仕様


  続きを読む

2018年02月01日

VIRTUS Soldier System のこと (REVISION Batlskin Cobra helmet )


SAWFLY,BULLET ANT とアイウェアを手がけたREVISION がイギリス全軍のヘルメットを受け持ちました その名は " Batlskin Cobra Helmet " とも " The Virtus Helmet " とも


  続きを読む

2018年01月12日