2018年02月11日

VIRTUS Soldier System のこと (STV 編 其弐)

他のブロガ-が喝破しているように英軍の新型装備群であるVIRTUS Soldier System のNOTO STOCK NUMBER は英国を表す99 ではなく 31 です。31 とはまさに今、何かと話題になっているイスラエルを表すナンバ-でして、開発や生産国は一国に留まらないにも拘わらずシステム全体はイスラエル(SOURCE 社)として捉えている証左であります。ま、軍備の総合商社みたいな感じですかね?既にご紹介したヘルメットもREVISION 社が既に開発していた ACH をベ-スに英軍仕様にしたものと考えられます。英軍としては2020年に向け新たなシステムを導入する計画で動いているものであって、果たして今のまま行くのか?と言う保証は実はありません。OSPREY Mk.4 がAとなったと同様、STV も A とかMk.2 にならないとは限らないと言うことです。とは言え英軍の ” 追っかけ " としては揃えていくしか無いかなぁ~、と思ってはいます。

サイドプレ-トポケットのこと


OSPREY の話が出たところで、話を続けますがMk.4 が当初軍に回り出した頃、胴体を覆うカマ-バンドがセットでありましたが、Mk.4”A” として全軍に行き渡る時にはカマ-バンドは廃され、OPSパネル+サイドプレ-トキャリアのセットとなり英軍で言う「Fighting Order」が当たり前になりました。STV は其壱で述べたように簡便なプレ-トキャリアからボディア-マ-迄をひとつのベストでやらかそうというものですから、実はサイドプレ-ト・ポケットも用意されています。その目的は言わずもがなではありますが脇腹を防護するための防弾プレ-トを入れるもので、STV本体にはOSPREY よりも簡単にホック留めで取り付けられるようになっています。そんなこんなで、サイドプレ-ト・ポケットも手元にあったりなんかしております。既にFDさんが記事になさっているのでご興味のある方は是非ご覧になってください。



サイドプレ-ト・ポケット This side faces body と書いてある方が内側となります 上下から言うと下側からサイドプレ-トを入れる仕様



【左】強化フラップとル-プストラップごとプレ-トポケットを滑り込ませます                【右】上下のホックに取り付けて固定完了となります



【左】ル-プストラップを体に合わせて引っ張ります                     【右】フロントパネルのフラップの間に余ったストラップをくぐらせて固定 



う~ん 写真ではサイドプレ-トポケットの重装備感が伝わりにくいのですが装着すれば脇腹が守られている感は充分にあります



これなら分厚さ感が分かり易いですかね?因みに左右のル-プストラップは SOURCE 社のネット動画では余った部分を脇腹にたくしこんでいますが写真の通りにすると簡単に緩みません



さてこれで、基本系がボチボチ揃いだしたと言うレベルです。とは言ってもベルトキットも新たに改変されていて、その上ポウチ類もエンド処理をホックではなくベルクロで行うように改良されています。だからまだ先は長いなぁ~。全体的に俯瞰するとSTV には必要最小限のポウチ類の取り付けに留めていて残りはベルトキットとベルゲンに任せるといういかにも英軍っぽい運用方法がとられていますのでSTV 絡みの追加装備は存外少ないと思われます。


サイドプレ-トポケットが無い場合のル-プストラップは上掲写真のように脇腹にたくし込む簡便なやり方もあります


だからって言うわけではないのですが、今までのOSPREY Mk.4 の様な大上段に構えた装備は後ほどと考えて、暫くは気楽に運用していこうかな?と思っています。また、何れ、改変されそうですが現在のところ、OSPREY時代から生き延びているモノ(スミマセン<(__)> 嘘コキました!微妙に変わっていました!)としては、Plevic Protection Tier.2 と Tier 3 があります。また、アイウェアはREVISION のBullet Ant ゴ-グルがリスト落ちし替わりにWolfspider ゴ-グルが採用されました。シュ-ティンググラスは依然、SAWFLY が継続使用となっています。



辛うじてVirtus Soldier System のリストに残っている 以前のPelvic Protection Tier 2 【左】 と Tier 3 【右】




ヘルメットと同じメイカ-だからと言うわけではないでしょうが REVISION SAWFLY は継続使用

因みに米軍にも採用されていますが側頭部へのレンズの回り込み量が英軍仕様の方が多いのです




従来の重々しいイメ-ジはかなり薄れています 何たってヘルメットが軽いです 








同じカテゴリー(英軍装備)の記事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。