2016年11月19日

ARES L1A1 の分解と調整 Vol.4(自爆編)

L1A1 のセミオートが利かなくなった諸兄へ

なんて・・・・ね。実は私のことです。幾度かメカボックスを開け閉めしているうちに、私のL1A1 が突然、フルオート仕様になって仕舞いました。折角、初弾不良が直って悦に入っていたところだったので、流石に焦りました。セクターギアの裏側の突起が削れた?カットオフレバーが摩耗した?スイッチが焼けた?スイッチを押すプッシュロッドの変形・・・・・・・・??????頭の中に原因と思われる事柄が浮かんでは消え、メカボを開けては閉め、そしてフルオートは続きました。何がどうしたのか皆目判らず、かなりの日々を悶絶していました。記事が進まなかったのはそんなことも起きていたのです。原因は判ってしまえば馬鹿みたいなものでしたが、バラし慣れの盲点というか、多寡をくくってちゃらんぽらんな組み上げが招いた、自業自得.....言ってみれば” 自爆 ” です。でも、ね。きっと私と同じ症状の人が居るに違いないので恥を覚悟で記事にしておきます。ご笑覧アレ


スイッチ周りのメカニズム

  
トリガ-を引く ➡ プッシュロッドが前進 ➡ マイクロスイッチのノブを押す ➡ 通電してギアが動き ➡ 一連の発射動作が起きる


セクターギアが回転 ➡ 裏側の突起がカットオフレバーを跳ね上げる ➡ プッシュロッドが蹴り上げられ ➡ プッシュロッドがノブから外れる ➡ 通電カット


以上がセミオートL1A1 の発射メカニズムです。AEG のメカボックスを幾度となく見ている方には、一目でこの銃が基本的にマ●イで言うところのVer.3 の変形であるというのがお分かりになると思います。見慣れないのはマイクロスイッチぐらいなものですが、スイッチを押すという一連の流れには何ら違いはありません。



それでは何故、フルオートになるのか?それは組み込みの際に起きた些細なこと.......

  
リターンスプリングの取り付けの上下の違いでした




判ってみればカスな話ですが、逆さに取り付けたリターンスプリングがタペットプレートと干渉してスイッチを押し続ける事になったわけです



原因が判ってからと言うもの、あまりの迂闊な事に我ながら笑いが止まりませんでした。暫しの放心状態。がしかし、一般のメカボックスで此処までシビアなクリアランス管理をしていないのも事実でして、判っていると思いこんでいる人間ほど陥る落とし穴でも有ると思いました。あらゆるパーツを組み込んで試しては直らず、一時はフルオート仕様のSLR、と諦めようとも思った程です。今となっては恥じ入るばかりですが、普段と違うメカの場合には充分に気をつけるべき事だと肝に銘じました。


幾度も組み直してもへたらなかったウッドグリップ


3mm 仕様の鬼目ナットをグリップにカチ込んでいたからです 元々の木ねじでは際限ないネジの緩め、締めには到底たえられなかったと思います。



【左】大阪では知らぬ人の居ないぐらい有名なネジのナニワ           【右】慎重にグリップに下穴を掘ります 一気に太いドリルを使わないように!


【左】鬼目ナットより少し小さな下穴にプラハンマーで打ち込みます       【右】木ねじではなくM3 のネジが使えるようになり締めもタイトになります




<もちょっと続きます>







同じカテゴリー(L1A1)の記事
この記事へのコメント
Kafu'さん こんばんは。

昨日からメカボックスの分解はじめましたmaximusです。
スイッチ回りの図解大変参考になりました。
先駆者には頭が下がる思いです。

あれー 私の固体は最初からリターンスプリングは×の組み方でしたよ。
箱出しセミオートで撃てましたが早速組みなおしました。

結局チャンバー回りの気密漏れ対策は、メカボのマガジンキャッチピン穴を加工
しないとメカボ本体を前に動かせないためにメカボックスを前方にずらすことは
断念しました。

かわりにチャンバーを固定するアーチ型の銃口側固定パーツを1ミリほど削って
チャンバーをメカボに密着させて気密確保できました!
(メカボ側の固定パーツは凹を反転組み換えで加工なし)
ノズルは純正のままで、セクターチップをBigout製に組みなおして初弾から
給弾不良なしになりました。
6.1x455mmバレル バトン90スプリング 0.2gBBで90m/s

ロットが違うのかもしれませんが、私の固体はチャンバーに回転止めの突起
が付いていたので、回り止めの対策はしなくて済みました。

鬼目ナットはAの打ち込みタイプを選択されたんですね。
自分も不安になってきたのでAタイプで行こうと考えています。
下穴のドリルは4.5ミリで開けました?
Posted by maximus at 2016年11月19日 23:55
maximus さん:こんばんは。デフォルトのノズル長ならBigout製でばっちり初弾不良はなくなるはず、と思っていましたから、ご報告ありがとう御座います!バレル内径は6.1φを使ったんですね。

因みに私の場合、マルイの純正バレルでも規制値をオーバーするのでルーズバレルになったという行き当たりばったりです。

アバウトな木ねじは怖いです!下穴は4.0で空けました。ただ木質が柔いので頭の部分だけ4.5mmで少しザグってからエポキシ接着剤をまぶしてこつこつと打ち込みました。(一気に入れるとクラックが入りそうだったので) 最後は金属棒で段差が出なくなるまでカチ込んで接着剤が硬化するまで待つ、といった工程です。

さて、リターンスプリングの件ですが、海外でも同じ症状が出ているとかで、私の固体だけではなさそうです。尤も他の原因もあるかも知れません。でもスプリング取り付けは何かの拍子にセミ不良を起こす可能性があるので、正しくセットするにしくはありませんね。何しろ揺動するタペプレと擦れるのですから。
Posted by Kafu'Kafu' at 2016年11月20日 00:44
こんばんは。色々分からない事があり調べていたらここにたどり着きました。イギリス軍のボディーアーマーのサイズで分からない事がありもし良ければ教えてもらえないでしょうか?汗
Posted by アクアアクア at 2016年11月20日 02:56
アクアさん:初めまして。この記事の項に書かれたので所謂 ECBAなのかOSPREY Body Armour の事なのか判然としませんが、個人的な感じでは一回り大きなサイズが良いとは思います。但しECBAは二回り大きくても違和感がありません。OSPREY はモデルに依って違いますね。出来れば関連記事でご質問いただくと、お答えしやすい(飽くまで個人的意見となりますが)です。
Posted by Kafu'Kafu' at 2016年11月20日 15:29
こんばんは。返信ありがとうございます。私が欲しいアーマーはオスプレイmk.3、mk.4です。けれども兵隊用じゃなくて報道関係者が英軍に随伴する時に着用する青いオスプレイアーマーです。自分は身長165の痩せ型で細い方ですがその欲しいベストが180/120(ちょっと120かは忘れてしまいました。)でこれが適正か分からなくて悩んでおりました。
Posted by アクアアクア at 2016年11月20日 18:14
アクアさん:私見ですがMk.3 と Mk.4 は大分違いまして、Mk.3なら170cmの私でも190/108でちょうど良いのでハイトは良いと思いますが、横はデカすぎですね。

Mk.4なら170/100をお勧めします。
Posted by Kafu'Kafu' at 2016年11月21日 01:02
鬼目ナット化の極意伝授ありがとうございます! 早速入手して加工してみます。
ビビリなもので、鬼目ナットの使用に躊躇していました。
あの柔いグリップをピキッ!とやっちまった日には
燃え尽きた 力石徹 状態になってしまう事請け合いです。

あと、テイクダウンが中途半端にライブであるばっかりにレシーバーにガタがある件ですが、
CombatDollさんでは別パーツに置き換えでしたが、
ストックを外したときに出てくるラッチテンションのネジを締め込むことによって
ガッチリ固定できることを発見しました。(既知でしたらごめんなさい)

これによりノズルの角度がブレることなくチャンバーに収まるので、初速の安定化に貢献できるはずです。
私の個体はこの作業後に初速差が1m/s台にまとまりました。
Posted by maximus at 2016年11月21日 12:08
maximusさん:素晴らしい発見ではないでしょうか。まだ誰もその事を知らないかも知れません。私はラッチテンションのネジの存在も知っていて、回しもしたんですが迂闊にも其処まで気が回りませんでしたよ。凄いです!

ご多分に漏れず私は噛まし板を使って固定していました。
Posted by Kafu'Kafu' at 2016年11月22日 00:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。