2015年09月28日

本場もんのバンジーコードのことなど

バンジーコード

関東の同好の友人達はしばしばかつての英領、香港に渡って彼の地の日本では見たことのないような食材や料理に舌鼓を打ち、本場の英軍グッズを手に入れたりします。文字通り英軍装備の" 爆買い " ですな。平日中心の仕事でその上まとまった休みを仕事柄取れない私にとっては羨ましい事この上ないです。

先日も彼らは連れだって香港の地に降り、なにやら仕入れてきたみたいです。何しろ英軍の軌跡が色濃く残る街であり、ファン垂涎のお宝にも巡り会える機会は格段に上です。それに現地での友人達が歓待してくれるという付き合いを続けているのですから首脳会談より余程に素晴らしい国際交流です。大戦中装備から最新のホットな情報もどこやらの国の偏って陰湿な情報出し惜しみヲタとは違い実にフレンドリーに教えてくれます。いつか私も同行したいとものだと思っています、それも切に。

そんな私の思いを察してくれたのか、お土産・・・・・と私に送ってくれたのが、PLCE 装備にベストマッチのバンジーコードでした。一緒に送ってくれた亀ゼリーは強烈でしたが.....(^^; コラーゲンたっぷりなんだそうで.....ぷるぷるお肌でこの記事書いてます



58 PATTERN WATER BOTTLE と ” 本場もん ” のバンジーコード


友人達が口をそろえて言うには値札に「英軍」とだけ書いてあるだけで無造作に店頭にぶら下がっていたとか。一般の観光客が見れば間違いなく荷台のゴム紐にしか見えませんわな。英軍オタクが喜ぶNSN なんて屁でもない扱いですな。まぁ、現職兵士が使っているバンジーコードも様々ですし適当であっても一切お構いなしのアイテムでもあります。現にこれっ!という決定版モデルがあるわけでもありませんから、お手製もかなり存在していると思います。でも何たって、断然、当然 ” 本場もん ” ですから友人達の好意に胸を熱くしながら早速セットします。※注 兵士それぞれの使い方という意味ですよ~誤解なきように


短いのでベルトキットの基本であるマグポウチ、キャンテーンポウチ、ユーティリティポウチ全てをラップできません。コード部分もふた回りは太く、フックもかなりでかいです。




フック部分が太くてポウチサイドのループを通せませんので、パラコードでループを纏めてポウチ同士を連結&コードでバタつき防止です



コードが短いタイプなので、マグポウチにはラップせずこんな風に纏めました



太いコードが一気にスパルタンな雰囲気を醸しますなぁ~。ええですや~ん(^^



MTP レインウェア

いつぞやもご紹介したゴアテックスと同等の機能を持つMTP パターンのレインウェアです。少し前のゲームでどうにも天候が回復しない中、それでもゲームしようと言うことになって、初めてゲームで使ってみました。残暑の時期と言いながら秋の気配が深まって肌寒い天候でしたから、ウィンドブレイクもできるかな?という意味合いもありました。折から断続的な雨降りの中ゲームが出来たのもこいつのお陰で、当たり前ですが全く雨を通しませんでした。気温が低かった所為もありますがゴム引きの合羽のような蒸し暑さはなく、流石軍用!かつて私の大学生の頃はゴアテックスと言えば高額なくせに擦れに弱く、一度シェルを痛めると効果が望めないという白物でしたが、膝にはニーパッド、肩にはアサルトベストという出で立ちながらシェルが痛むと言うこともなく快適さも変わりがありませんでした。やっぱり持っているだけではなく使って意味のあるレインウェアだと今更乍らに感心した次第。


私の持っているものはライトウェイトタイプでポケットが肩にしかないのが玉に瑕ですが必要にして充分な撥水効果と通気が得られます



DPM ECBA とRMが使っていたというふれ込みの、あのメイカーのアサルトベストとの組み合わせ    トラウザースはサイドファスナー式で動きに不自由はありません







同じカテゴリー(英軍のベレー)の記事
DDPM
DDPM(2016-05-23 00:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。