2014年12月13日

PLCE と Para Smock

根強いPLCE 装備


アフガニスタンの英軍駐留も一部を除いて家路に就き、新たな火だねが燻っているシリアやイラクなどイスラム国に手を焼く米国の要請にまたぞろ兵士を派遣するのか知らん?等と自国ではないのに、ことの行方を気にしている訳ですが、当の英軍兵士も兵士の家族もまた他国へ行かされるんかいな?と些か落ち着かないのではと思います。

アフガニスタン戦の初期から後期にかけ英軍装備は大幅な改変が為されました。分けても一番の改変は迷彩を大きく変えた事でしょうか?ベースとなる分裂パターンは大きく変わらないまでも使われる色はCrye 社の指定色であって、必然のように装備一式がMTP に置き換えられました。特にボディアーマーは簡易型!?であったECBM からOSPREY Mk.1 ~Mk.3 へと(途中は大分迷走した感がありますが)移行し遂にMk.4 へと昇華しました。

・・・・・・ですがね・・・・・どうやら自国に戻った連中やら他国での演習では着たがらないんですよねOSPREY........。相変わらずPLCE 装備を使っています。MTP のPLCE も供給されているようですが、市場に出回るのはもう少し先になるような予感です。訓練ではほぼ100%に近い確率で元来た道であるPLCE を身に纏っています。OSPREYは重たくて動きづらいんでしょうね。もしかしたらサバゲーマーの私らと同じ感想なのかも知れません。英軍も案外、この先も使い続けるかも、です。




実際はこんな組み合わせはあまりないでしょうがテイスト重視且つゲーム向きに無線ポウチも付けています。今回のキモはバンジーコード!



PLCE 装備は基本的に腰横までしか展開しないポウチなどを見ての通り、歩行は勿論、ニーリング、アンブッシュ、何れの姿勢にも対応し動きの邪魔をする事がない極めて優れた装備です。米国をはじめ他国の装備にも影響を与えたほどです。チェストリグ然り、英国発の装備は結構イケています(かなり判官贔屓)。


PLCE のバンジーコード

いつの頃かは定かでないんですが、PLCE のポウチを外側から巻くようにバンジーコードをしている兵士が居ます。恐らく想像ですが腰横から放射状に取り付けられるマグポウチ、キャンティーンポウチ、ユーティリティポウチなどのバタ付きを抑え込む意味合いからだと思われます。ゲームでどうと言う事もないのですが、プロっぽくて気になっていました。現に本国ではこのコードをネットで売り出しているぐらいですが、要は自転車の荷台にぐるぐる巻きしているあのバンドと同じものと考えて良いかと思います。




ほれほれ、日常的にコードを使っていますよ~




多国籍の演習に参加するRoyal Welsh 兵士 DPM の ECBM にバンジーコードを巻いたPLCE 装備です。





なんちゃってバンジーコードの自作

安直さを求めて自転車屋さんを回ったのですが今どきあまりバリエーションがないんですね。意外と探すのが大変でした。何より中途半端なサイズになるので市販品では帯に短したすきに長し。結句、ホームセンターでメーター売りのバンジーコードとフックキットを買って自作となりました。締めて500円位でした。本国では£1ぐらいでネットにでていますから送料入れても高く付いたかな?ま、良しとします。バンジーコードは兵士によってフック掛けもあればポウチ横に設けられている耳に通して結んでいるものもあって一定の決まりはなさそうです。そこで私も自分仕様と割り切って小振りなフックにしました。この方が耳を通し易いのです。



【左】使用したのは手頃な太さの6Φのバンジーコードとフック            【右】エンド処理として伸縮チューブを被せておきました



少しやれた感じを出すためにサンドとODのスプレーをかけて完成!  本国で販売されているものはODが多いです



こんな感じにプルタブ(スパニッシュ・タブ)の下をくぐらせるのが” 通 ” な使い方・・・・の様です   各ポウチ横にある耳を通して繋いでいきます



上から見たところ ポウチを纏める意味合いとポウチ内要物の暴れを同時に抑える事ができる事がお分かりいただけるかと思います
ポウチ の組合せが実際の装備では考えられないものも混ざっていますがゲームユースとしてご容赦下さい。 だって無線とハンドガンは使いますモン





PLCE と パラスモック


別にパラスモックに限った事ではありませんが、MTP と DPM は元々親和性が高いと申しておりましたが、ボディーアーマーを排した装備では特にこの組み合わせは大好きです。概してOSPREY などは暖かいのですが冬場には鈍重な動きとなるに対して保温性のあるパラスモックとPLCE の組み合わせは軽快で冬場向きの出で立ちとしてはかなりイケルと思っています。





それに・・・・




お気に入りのパラヘルメットをかぶれますから(^^)v




Royal Marines 装備のチームメイトとヘタレ空挺の図






喜色満面です パラスモック...矢っ張りええわぁ~icon06










同じカテゴリー(PLCE装備)の記事
MTP BAYONET FROG
MTP BAYONET FROG(2015-07-20 00:59)

MTP PLCE KIT のこと
MTP PLCE KIT のこと(2015-04-23 01:14)

この記事へのコメント
バンジーコードの記事、参考になりました。
手持ちのPLCEに製作してから取り付けたいです。
ちなみに、私は静岡でイギリス軍装備でゲームをやっております。7nu
Posted by 通りすがり at 2014年12月13日 01:15
通りすがりさん:バンジーコード自作はお手軽でリーズナブルな割に装備の良いスパイスになると思いますよ〜。お役に立ったなら嬉しいです。
Posted by Kafu'Kafu' at 2014年12月13日 07:46
訓練は確かにPLCEばかりですね~。最近は新人訓練の写真も沢山みるので、よけいにそう見えるのかもしれませんが…。

それと、英軍も百年紛争終結と思いきや、そうは問屋が卸してくれなかったようですね。

1914-1918 First world war
 1916 Easter rising
 1918-1920 Russia
 1919 Afghanistan
 1919-1932 Southern Iraq
 1919-1924 Northern Iraq
 1919-1921 Anglo-Irish war
 1919-1939 North West Frontier
 1919-1920 Somaliland
 1927-1939 China
 1928 Sudan
 1928 Aden
 1929 Kuwait
 1929-1938 Palestine
 1939-1945 Second world war
 1944-1946 Greek civil war
 1945-1946 French Indo-China
 1945-1946 Dutch East Indies
 1945-1948 Palestine
 1948-1951 Eritrea
 1948-1960 Malaya
 1949 China
 1950-1953 Korea
 1951-1954 Suez Canal Zone
 1952-1960 Kenya
 1953-1954 British Guiana
 1955-1959 Cyprus
 1956 Suez crisis
 1957-1959 Muscat and Oman
 1960-1961 Cameroon
 1961 Kuwait
 1962 Brunei
 1963-1966 Borneo
 1963-1976 Oman
 1963-1967 Aden
 1969-1998 Northern Ireland
 1982 Falklands
 1990-1991 First Gulf war
 1992-1995 Bosnia
 1999 Kosovo
 2000 Sierra Leone
 2001-2014 Afghanistan
 2003-2008 Iraq
 2011 Libya

これからも終わりなき紛争にひっぱり回されることまちがいなさそうですね。
Posted by IXABA at 2014年12月13日 14:15
IXABA店主殿:何だかんだ言いながら女王陛下の兵士は今後も自国防衛とも権益の為とも些か腑に落ちないながら紛争地に向かうのでしょうね。

島国根性と覇権意識とはほど遠い我が国の感覚とはかなりの違いがあります。其処には国の税金から、と Her majesty の禄を喰むとの違いにも繋がるのではないかと思う事頻りです。

おっと閑話休題。MTP PLCE の供給が既に始まっていますから色は違えど今後もこのスタイルは続くのでは?と思っております。DPM柄もまだまだ使ってくれると持ち主としては嬉しいのです。
Posted by Kafu'Kafu' at 2014年12月14日 00:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。