2014年06月12日

ICS L85A2のトリガー位置の修正とSBD 組込

前々から思っていたのですがICS L85 A2 のトリガー位置っておかしいと思ったことありませんか?更にゲームでセミを多用したとき、どうして此処まで右人差し指が疲れて困るとも思っていました。G&G 製のL85 と併用されている諸氏はご存じの通り、トリガー位置がICS の場合G&G に較べてかなり前に来ているのです。グリップからですと約10mm 程遠いところにあります。指が疲れる訳ですわ~。



【左】G&G L85 A2 のトリガー位置                          【右】ICS L85 A2 のトリガー位置




実銃を見てみましょう。ほれこの通り!ICS のトリガーは実銃に較べても遠い位置にある と判ります



1.トリガー位置を修正してみる

何とか出来るんではないかい?と始めてみました。が!毎度お馴染みぶっつけ本番でバラしては削り、組んでは直しの繰り返しで、一日がかりの大仕事になってしまいました。我ながらアホすぎます。

でもね~多寡がトリガー位置されどトリガー位置なんですよ!英軍マニアは!


a.トリガーアッセンブルの取り外し


①透明プラスティックで覆われたスイッチ部を取り外し                           ②トリガーアッセンブルを留めているプラスネジを外す



③セミフル切り換え用バー毎取り外します





b.トリガーの可動域の調整


④要で留めてあるトリガーをネジを緩めて外す                        ⑤可動域を制限するためタップを立てボルトで動きシロを調整




⑥出シロは2.5~3.0mm 辺りが丁度良い感じだと思いますね(プラ版でも代用できるでしょう)



前に出すぎていたトリガー位置がこれでしっくりしました



c.トリガーアッセンブルの修正

a.~b. は容易いのですがここからが正念場です。簡単に記しますが幾度も微調整を繰り返す羽目になります。正直に言って素人の方やトリガー位置を余り気にしていない方、更には指の長い方はやる必要はありません。やる以上は自己責任です

トリガー位置を変えたことによって連動するところは基本的に削りを入れて調整が必要になります。以下の写真に削るポイントを黄色の矢印にて示しておきます。しかし削りすぎると通電しないセイフティが効かないカットオフした後復帰しない、等ろくでもないことが起きます(実は全て経験済み^^;) 全てのパーツが絡んでいますから慎重に削りを入れないと回復不能になります。またトリガー位置を変えるために、セイフティバーをいちいちバラさなければならなくなり、面倒になります。→とは言え一度調整すればもう触ることは先ず無いでしょうけどね。




複雑な構成のトリガー&スイッチアッセンブル












2.やっぱりこいつにもSBD を取り付けてみる

スイッチ回りをバラしてみて判明したのですが、比較的確実安定的と言われているICS のスイッチ部ですが矢っ張り接点周りはスパークが発生していたのでしょう、スイッチガイドの回りは特有のススで汚れていました。セミ多用にも原因があったのでしょう。



写真ではわかりにくいですがスイッチガイドはススで汚れまくりでした






【左】SBD の取付は HK417 で試したレイアウト              【右】G&G よりモーターハウジングに余裕がある!?削り少々




この際だからとHUMMER にモーターを換装しました 動作は確実








これといって外観が変わった訳ではないのですが、トリガーストロークが短くなったお陰とSBD の効果!? 明らかにレスポンスが良くなっています。さてこれから暑くなるとUGL の活躍の場が広がりますなぁ~ 









同じカテゴリー(L85)の記事
やっと実戦配備
やっと実戦配備(2017-07-23 01:20)

L85 のスタイル変遷
L85 のスタイル変遷(2017-07-09 23:30)

新型MTP グリ-ン SLING
新型MTP グリ-ン SLING(2016-12-12 00:54)

この記事へのコメント
Kafu様、初めまして。
勝手に愛読させてもらっております、べるくと申します。

元々、ミリ系は好きだったのですが、ちょいと先々月に入院しており、暇つぶし用に本屋でミリ系雑誌買ってしまったのが運の尽き...
どんどん熱が上がって(体温ではありませんよ、笑)しまいました。

イギリスは好きな国であったのでサイトをウロウロしてましたらKafu様のところにたどり着きました。
気が付いたら色々と英軍装備もポチっておりました。

そして本日、お店に頼んであったG&G L85AFVが入荷したので取りに行ってきました。
購入前より色々と参考にさせて頂き、ダイオードやら割りピンやら準備万端。
明日の夜より作業開始です。

それにしてもkafu様のHPは非常に参考になります。
色々と勉強させてもらいながら英軍ライフを楽しみたいと思っております。
Posted by べるく at 2014年08月07日 22:56
べるくさん:こんばんは。愛読!?有り難う御座います。愚にもつかない駄文ばかりでお恥ずかしい限りですが、お役に立つならどうぞどうぞ(^^)

まだまだ少ない英軍ファンが増えてくれるのは私も嬉しいです!

じんわりと前に進む装備群は性急な改変や次から次に新製品が出る某大国とは違いますが、どことなく垢抜けない、しかし芯の太いところのある英軍はやってみるとなかなかどうして興味が尽きないです。

これからの英軍ライフをどうか楽しんで下さい。
Posted by Kafu'Kafu' at 2014年08月07日 23:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。