2014年12月31日

皆様佳いお年をお迎え下さい(写真で見る英軍Patch ⑨)


Discovering Oldschool Formation Patch






16AAB のパッチが...... 時代的にスターリングが現役であった頃にはこの旅団は誕生していません!




前回スターリングの項であり合わせのスタイルをお披露目したものの、先日IXABA 店主とメールで馬鹿話を遣り取りしているときにハッと気がついたのですが、トロピカルDPMの左肩に縫い付けていた16AAB のパッチは時代考証的には大間違いなんですよ~。あり合わせとは言いながら誠に以てお恥ずかしい限りです。スターリングが現役であったのは1953年から1994年までであって、1999年に成立した16AABが使うはずはないのです。

正しくはこれ!です




5th Airborne Brigade Insignia / ギリシャ 神話に登場する ペガサス に乗った ベレロフォン が モチーフ で第 5 空挺旅団の象徴
今で言う ドラゴン・スレイヤー ですね 天駆ける ペガサス に騎乗して 口から火を噴く怪獣 キメラ を槍で突き刺そうとする姿を表しています



第5空挺旅団は戦後20世紀後半の空挺部隊にあって中核を為す旅団でした。本隊に先行して乗り込み、降下地点の確保、通信、偵察を主任務とする一種の特殊部隊であるPathfinder を大戦中の実績から掘り起こし、再び世に出した旅団としても有名です。16AAB のパッチデザインが採用される際に従来のベレロフォンとペガサスのデザインをどうすんねん!と物議を醸したほどでもありました。結局、皆様ご存じの通りストライクイーグルの図柄に落ち着いたわけですが今でもこのデザインは空挺訓練所であるPカンパニーが踏襲しています。空挺兵士達の中には卒業を誇りに思ってマルーンベレーと共にこのパッチを装備に貼る兵士が居るぐらい有名でもあります。因みにPathfinder 訓練を受けた兵士はそのままSAS に採用される程の能力と技倆の持ち主でもあったと言われています。



5th Airborne Brigade 時代のPathfinder  Patch のデザインも現在のものと違います。緑と赤のDZ に矢印があしらわれています


資料によるとベレロフォン のFormation Patch はスモック系の左肩に縫い付けるとありまして何でもかんでも縫い付けたわけではなさそうです。それほど多い訳ではない私の写真資料でもスモック系でしか確認できません。因みにまだ情報が少なかった私たちの若い頃はSAS スモックと言えば特殊な方々しか支給されないという風説があったのですが、Para でもRM でも使っておりまして、Windproof Smock の表記通りの扱いです。Para 兵士の多くも”SAS スモック ”を積極的に着用しています。


1Para であまりに有名な写真 よおぉっく見るとWindproof Smock 左肩にベレロフォン が....




【左】Para Smock                    【中】Windproof Smock                  【右】Windproof Smock



折から季節は冬ですから当面はこいつで・・・・・・・・・・・・スターリングを使おうかと思っております



もう四半世紀近く愛用しているPara Smock   色落ちしていないのは実は殆ど洗った事がないのです




因みに16 Air Assault Brigade / 16 空中強襲旅団と訳されますが この16 とは元々大戦中にあった第1空挺師団と第6空挺師団を合体させて旅団クラスにしたものが名称の出自でして日本語で呼ぶ場合は” ジュウロク " と呼ばず " イチロク " と呼んだ方が正確であると思っています。(ややこしいですが16th Parachute Brigade もあるにはありました)

年の瀬に寄せて


今年も一年間 ブログならぬ” ぼろ愚 " にお付き合いいただきまして誠に有り難う御座いました。歳の所為か一年が本当に早く過ぎます。大先達のNARU 様が年明け早々にこの世界から足を洗われ!? 波乱の幕開けとなりましたが、更に別の意味でディープな音楽と車の世界で相変わらずの活躍をしていらっしゃるのをうかがいますと、こちらの世界に居続ける私としては、もう少し頑張ろうかな?と思います。

今年はまたFB を通してお知り合いになれた方々やブログを通して新たに交流が出来たビフさん、変わらずお付き合いを賜っているFD さん、Syn さん、SS-9 さん、クワンさん、貴重な情報をいただいているパトリオットさん、大酒飲みのIXABA店主、mokuさん、火事手伝いさん、そしていつもいの一番にメールを頂戴するK様本当にお世話になりました。この場をお借りして御礼申し上げます。来年もまた狭い英軍のネタで行こうと思います。ぎゃははは




新しい年が皆様にとって佳き年となりますよう衷心より御祈念申し上げます







同じカテゴリー(Sterling)の記事
Sterling in the field
Sterling in the field(2014-11-24 22:58)

この記事へのコメント
Kafu'様

明けましておめでとうございます。
お返事が遅くなりまして申し訳ありません。
いつもながら大変勉強になる内容に脱帽です。
本年もご活躍をお祈り致しております。
Posted by ビフビフ at 2015年01月10日 11:27
ビフさん:今年もどうか宜しく!

私こそブログを楽しみにしております。どうも寒くなるとMTP もいいのですが
DPM も着たくなる衝動に駆られます。なぜか昔のギャバジン織を愛する気持ちが湧き上がってきます。

普段の通勤にもRAFが採用したベンタイル生地のカメラマン用コートを着たりもします。少し重たいのですが寒さを感じると目が詰まって風を通さないのです。

私生活からしてこれですから今年も矢っ張り英軍指向から離れられそうにありませんね~。
Posted by Kafu'Kafu' at 2015年01月11日 23:11
年末からのご注文の品、もう少しだけお待ちください。
発注はしております。
支払いも済ませました。

相手の業者は元英国陸軍のキャプテンを務めて引退した個人の方で、趣味と実益を兼ねて英国軍の制服のボタンやバッヂ、パッチのお店をやっているんですが、なんせ、週に一回(月曜日のみ)しか働かないので商品が届くまで時間がかかると豪語しているんですわ…。

まぁ、今回はご注文と言うより、便乗発注とさせてもらってますので、すんませんが、もう少しだけお待ちください。www

発注した商品がまともに来ることを願うばかりです…。
Posted by IXABA at 2015年01月21日 16:38
店主殿;か海外発注は、日本と感覚がまるで違うのでのんびり構えないと胃に穴があきそうですよね。よく分かります。。のんびりとそして楽しみにしております。
Posted by Kafu'Kafu' at 2015年01月21日 18:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。