2012年11月23日

クーガーマイク

先日の定例会ではホームフィールドは紅葉が始まり、フィールド内は枯葉が落ちだしていました。平日にも拘わらず30名ほどのメンバーが集まってくれました。今回はTeam Agressor さんも初参加。軽い身のこなしでロートルの私なんか崖から転げ落とされました。若さ一杯の元気なTeamでした。いやぁ、あのスピードは....。昔に戻れない悲哀も感じてシクシク。ホームフィールドは小山ありぃの小川ありで高低差から生まれる遮蔽場所も多く、秋とはいえブッシュも濃くて特小無線機使用には不向きなところですが、クーガーマイクを持ち込んでみました。


今回は里帰りしたチームメイトを迎えての定例でした。みんなこういう時の集まりは義理堅いです。嬉しいですね~


晴れの合間に驟雨が襲うこともありましたが、総じて天気が良くて楽しいひとときでした。


幾度も登場のICS L85A2 と STAR AG80 改。絶対重量はあるもののブルパップのお陰で重さを感じません。肝心のランチャーはこれからの季節、気温が下がると使えませんが、ね。



おっとっと....さてクーガーマイクのことです.....


Cougar Fist Microphone を プレキャリに留めているPathfinder 兵士


BowmanのPRR(Personal Role Radio)は英軍のみならず豪軍、米軍でも使用され近距離無線としてつとに有名ですが、英軍の中でも些か特殊がかったお方達がご愛用になっていたのが、RA-400 Cougar Fist Microphone 所謂クーガーマイクです。和製英語ならハンドマイクと言うのでしょうが、あちゃらではフィストマイクと表現するんですな。以前から手許に置いていたのですが、実用化出来ずに「お蔵入り」していました。TRi.S さんに今ひとつお願いしたのは実はこいつでした。雑兵の私が使うのもナンですが、たまにちょいと以前のSFSGやらPathfinderを気取ることもありますからそんな時にはうってつけです。背面には剛性の強い板バネのクリップ、コード根本部分にイヤホンジャックが設けられています。マイクとは言いながらスピーカーにもなるので、無線機と繋げばこれだけで会話が出来ます。イヤホンをジャックに差し込むとスピーカーがキャンセルされ音声をイヤホンで聞くこともできます。


PRC349 クランスマン等の無線機用の7PIN仕様でした。エクステンションアンテナケーブル付きのタイプでマイク部分にはアンテナポール取付が出来ます。


それを5PINの実物コネクターに変更して貰いました。もう感動です!



喜色満面の私。PRC-349 なんかと合わせてなんて今の日本では到底使えませんから、TRi.Sさんでコネクターを換えていただいたお陰でやっと陽の目を見ました。
Cougar Mic のマイク&スピーカーの音質が良くてヘッドセットより使い勝手が良いです。嵩張らないイヤホンを選べばかなり自由度の高い通信セットになります。
特殊な方々御用達の意味が分かります。





組み合わせシステムはこんな感じです


Cougar Mic & MBITR です。この組み合わせってありなのか?チョイと自信がありませんが、このMBITR(AN/PRC148) は他の装備でも汎用性があります。
無線機本体はスパルタンエアソフトのドンガラガッチャンですが、中に特小無線機を仕込む事が出来ます。THALES じゃなくて TAHTES のタンポ印刷には泣けます。






同じカテゴリー(英軍 光学系、アクセサリー)の記事
新型MTP グリ-ン SLING
新型MTP グリ-ン SLING(2016-12-12 00:54)

SELEX Pressel CW Side PTT
SELEX Pressel CW Side PTT(2016-08-08 00:10)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。