2017年01月24日

西側装備祭 2nd のOut of Bounds

2016年9月4日に奈良のブロガ-くずき氏の主催する西側装備祭にお邪魔して、好みは違えど装備好き、ゲ-ム好きの皆様とご一緒してすっかり楽しくなって今回の2nd にも参加してきました。前回は台風直撃予報がドピ-カンの炎熱地獄。2017年の2nd はと言うと大雪警報が各地で出る中、これまた予報を裏切る晴天!、しかし時折風花が舞う極寒地獄でゴザイマシタ(大袈裟)。相方は急遽仕事が入って撮影のみ。今一人の同士は同じく英軍指向のご存知「裸の男爵」氏との参戦となりました。



DDPM で参加の装備祭 2nd ...... 差し詰めアフガンのRoyal Marines の愚連隊三匹ッスかね? フィールドはベアグランドだしデザ-ト迷彩ぴったりなんですが寒かったねぇ



  続きを読む

2016年09月08日

西側装備祭のOut of Bounds


RGR 2nd Batalion でエントリーしたんですが・・・・得物をL119A1 に持ち替えて心持ちPathfinder  ゲーム中の写真なんか撮って貰ったことが殆ど無いので嬉しいものです


  続きを読む

2016年05月23日

DDPM

MTP に被服が改変されても沙漠迷彩として優秀なDDPM は残ると言われていましたが、どうもイギリス本国では寧ろ本来のDPM の方が長生きしていてこの所DDPM はトンとお目に掛からない仕儀と相成って、既に過去形になりつつあります。イラク戦、アフガニスタン戦初期に使われたDDPM は淡いタン生地に濃いタン色を分裂パターンで刷いただけのように見えますが、超初期型は更にグレイブラウンが追加された3色でした。差し詰め米軍の3C って所でしょうが、我々英軍ファンが手に入れられるのは専ら2色使いのものです。忘れもしない数年前超初期の3色DDPM のスモックがe-bay に登場しました。スタートした価格が手頃だったので、price bid に参加したものの一晩寝ている間に10倍以上の値に跳ね上がってびっくらコイた思い出があります。ま、そんなこんなで島国のビンボー英軍ファンの私はあったり前のように2色刷りDDPM を身に纏っている訳であります。

そうは言うものの、市場に出回りだした頃のDDPM だって立派にイイお値段してたものです。それにMk.1に始まりMk.3 まで行ったOSPREY もPECOC パターンまで含めればアホなほどの派生を生み、当然それだけに留まらずヘルメットカバー、Camelbak 、グローブ、ハット、トラウザースベルト、Patch に至るまで揃えようと血道を上げたものであります。PRR ポウチなんぞ国内のショップやオークションでも見なくなりましたよね。DDPM の嵐も過ぎ去ってみればあの頃の熱は何処に行ったのだろうかと思う訳ですが、新しい装備、被服が出ればやっぱり同じ事をする自分がいるのも判っておりますな。DDPM が駆け抜けた頃というのは終わりが見えないアフガン戦と被っていて前線の兵士達の好き勝手な着こなしがまかり通っていた時期です。前線にあってかなり自由な装備をしていたのである程度何でもアリなところが気楽で好きです。それに今やEマグが当たり前ですがこの当時スチールマガジンを使っていたこともあってゲーマーとしてもマ○イの300連マグを使ってもOK。存在自体が謎とも言われる世紀の駄銃の二乗であるLSW L86も使えちゃうと言うお得なピリオドでもあるのです。( おっ!そう言やこのL86 を細かいとこまでいじっているのが裸の男爵さんでした  是非ご高覧を!)




フラップの付いた初期型Camelbak なんぞ最近はまるで見ませんね~   一緒に貼っているZAP も含めて骨董価値は赤丸急上昇・・・・んな訳ねぇか  呵々



  続きを読む

2016年03月06日

スモック系の裾の処理について

この所、仕事が立て込んで家に帰っても集中力が保たず、休みの日はサバゲ以外の由無し事にこれまた忙殺され、いっかな記事が書けないこの頃です。その上、今度こそ参加と思っていた年に2回バトルランドで行われるイベント、MMM(Modern Miritary Meeting )に参加は愚か、申し込みすら出来ない程でして・・・・・今回も涙を飲んだ次第。今頃皆さんは会場に集まって盛り上がっているのでしょう。尤も米特の方々が多くて英軍の雑兵なんて刺身のツマにもならんでしょうが、ね。



裾下を内側にたくしん込んだ之図  滅多に穿かないWind Proof Trousers(一世代前) とのツーショット



  続きを読む

2016年02月01日

Wind Proof Smock のフードのたたみ方(実践編)

****フードのたたみ方の実践編****


Wind Proof Smock 三種 左からMTP,DPM,DDPM 長らく着ていた所為もありますが生地はDPM のものが好きですねぇ さて今回はフードのたたみ方の実践編です

  続きを読む

2015年12月30日

2015年07月20日

2015年06月19日

ECBA ( enhanced combat body armour ) がOSPREYに取って代わる?②


Royal Welsh 兵士二人 ECBA のプレートポケットのフラップにスナイパーテープでイニシャル・認識番号・国籍・血液型とRH を表記



  続きを読む

2015年06月11日

ECBA ( enhanced combat body armour ) がOSPREYに取って代わる?①

ECBA ( enhanced combat body armour )


OSPREY Mk.4 とは別の流れであるPLCE 装備と対を為すように運用されているECBA もMTP 版が見られるようになってきました  胸のスナイパーテープが如何にも英軍


  続きを読む

2015年05月28日

MTP Patrol Collar for OSPREY Mk.4

MTP Patrol Collar for OSPREY Mk.4


以前から存在が囁かれていて、海外の英軍サイトでは時折触れられていたアドオンタイプのカラー(collar)アーマーです。ご存知の方も多いと思いますがOSPREY Mk.4 のアンサンブル一式にもネックアーマーは付属しておりますが、ゲームで使用している英軍ファンは絶無。現役英兵ですら殆どその使用例を見ません。実際のネックアーマーはそれなりに有用で、跳弾や破片の飛翔から首筋を守る訳ですから大まじめなアイテムなのですが、ブラサードと共に不人気なアドオン” パーツ ” です。それは何故か?愛犬が手術後に傷口を嘗めないようにする通称”エリザベスカラー” はたまた戦場の” エリマキトカゲ ”!・・・・・と、つとにファンからも英兵からも不人気で総すかんを喰っているのはシルエット故でしょう。ブラサードに至っては甲冑の如き趣があります。現実問題として視線を遮ることもあって、身を守る為のものが足許の危険物を目視できない「壁」の役目では使いたくもなくなるのは人情というものでしょう。

そこで途中からエリマキトカゲの度合いの幾分低くなったHalf Collar とか Short Collar と言われる小エリマキトカゲが出たのですが、これまたルイ16世の襟ほどはあるのでまたもや不人気。やっとこさ3度目の正直で登場したのがこのMTP Patrol Collar でございます。日々偵察とパトロールに明け暮れたアフガンは過去のものになりつつある中、OSPREY すら着用しなくなり出した今となっては時既に遅し、の感も否めません。現に着用例のミリフォトも殆ど無い有様でほんまに使っているんかい?と疑念も無くはないのですが、放出品も少なく戦場では結構使われていたんではないかと勝手に思いこんでおります。




” MTP Patrol Collar for OSPREY Mk.4 ”  OSPREY用の久々に熱くなるアイテムです


  続きを読む