2016年05月23日

DDPM

MTP に被服が改変されても沙漠迷彩として優秀なDDPM は残ると言われていましたが、どうもイギリス本国では寧ろ本来のDPM の方が長生きしていてこの所DDPM はトンとお目に掛からない仕儀と相成って、既に過去形になりつつあります。イラク戦、アフガニスタン戦初期に使われたDDPM は淡いタン生地に濃いタン色を分裂パターンで刷いただけのように見えますが、超初期型は更にグレイブラウンが追加された3色でした。差し詰め米軍の3C って所でしょうが、我々英軍ファンが手に入れられるのは専ら2色使いのものです。忘れもしない数年前超初期の3色DDPM のスモックがe-bay に登場しました。スタートした価格が手頃だったので、price bid に参加したものの一晩寝ている間に10倍以上の値に跳ね上がってびっくらコイた思い出があります。ま、そんなこんなで島国のビンボー英軍ファンの私はあったり前のように2色刷りDDPM を身に纏っている訳であります。

そうは言うものの、市場に出回りだした頃のDDPM だって立派にイイお値段してたものです。それにMk.1に始まりMk.3 まで行ったOSPREY もPECOC パターンまで含めればアホなほどの派生を生み、当然それだけに留まらずヘルメットカバー、Camelbak 、グローブ、ハット、トラウザースベルト、Patch に至るまで揃えようと血道を上げたものであります。PRR ポウチなんぞ国内のショップやオークションでも見なくなりましたよね。DDPM の嵐も過ぎ去ってみればあの頃の熱は何処に行ったのだろうかと思う訳ですが、新しい装備、被服が出ればやっぱり同じ事をする自分がいるのも判っておりますな。DDPM が駆け抜けた頃というのは終わりが見えないアフガン戦と被っていて前線の兵士達の好き勝手な着こなしがまかり通っていた時期です。前線にあってかなり自由な装備をしていたのである程度何でもアリなところが気楽で好きです。それに今やEマグが当たり前ですがこの当時スチールマガジンを使っていたこともあってゲーマーとしてもマ○イの300連マグを使ってもOK。存在自体が謎とも言われる世紀の駄銃の二乗であるLSW L86も使えちゃうと言うお得なピリオドでもあるのです。( おっ!そう言やこのL86 を細かいとこまでいじっているのが裸の男爵さんでした  是非ご高覧を!)




フラップの付いた初期型Camelbak なんぞ最近はまるで見ませんね~   一緒に貼っているZAP も含めて骨董価値は赤丸急上昇・・・・んな訳ねぇか  呵々



  続きを読む

2016年04月24日

続SUSAT with Wingmount & Dotsight (Shield RDS Mount replica)


先日ご紹介したSUSAT 用のウィングマウントにマイクロダットを載せてゲームに持ち込んできました   かなり使えますね


  続きを読む

2016年04月16日

2015年12月30日

2015年08月23日

能勢フロントラインのこと

先日は和歌山は橋本のバトルランドの大ドラさんの発案で、できたての今どき珍しい森林フィールド フロントラインにお邪魔して参りました。平日にもかかわらず約40名近い方々が集まりびっくらこけました。女性の方の姿もチラホラあってサバゲ人口が若い方を中心に男女問わず広がっているのを肌で感じました。当日は前日の秋本番のような爽やかな天気とうって変わって生憎の雨が降りそうな矢鱈に湿気の高い一日でしたが、下界に較べりゃ能勢の山あいですから随分マシだったと思います。

もともとうちのチームはブッシュ戦というか森の中のゲームこそサバゲの基本とし、好んでやっていますが、大ドラさんの「森林フィールドやでぇ~」のお誘いに一も二も無く参加を決定した次第。少々脱線しますが、森林・山岳フィールドでのゲームは本来、足もとの枯れ葉の湿り具合、風の音、木陰を利用した移動、稜線に動く影、植生と違う迷彩の見分け等色々な要素が入り込むのでスキルアップには最適だと思っています。そう言った意味では適度にひらけた空間があって、トーチカや衝立を要した此処フロントラインは元々キャンプ場だったと言うこともあって初めての人でもライトな森林戦を楽しむには取っつき易くて楽しいフィールドではないかなと思います。



国道173号線から支線に入り最初に目にはいるのがこのFRONT LINE の看板兼塀 世間とフィールドの境界線ですね



  続きを読む

2015年06月19日

ECBA ( enhanced combat body armour ) がOSPREYに取って代わる?②


Royal Welsh 兵士二人 ECBA のプレートポケットのフラップにスナイパーテープでイニシャル・認識番号・国籍・血液型とRH を表記



  続きを読む

2015年04月18日

定例会 i n 新装バトルランド

週間天気予報が前日になって晴れから雨の予報に変わるというあり得ない状況下、ゲーム決行か否か....幹事としては一番悩ましい一日を過ごした結果、「あ、うちの連中雨でも平気だよな~」と勝手に決行と判断した4月の定例会。当日寝床から這いだして雨戸を開けるや晴れ!やった!天は味方したと勇んで着替えをしていると一転俄にかき曇りざぁざぁ降りの雨。折れた心で車中の人となったのですが、和歌山橋本のバトルランドに向かう道中も晴れと雨が交互にやってくる有様。前日までの日々も雨ばかりでしたから、フィールドもさぞ泥濘んでいるんだろうとは容易に察しが付きました。午後からの天候回復予報と水はけのよいバトランフィールドに望みを繋ぎつつ現地到着。辺り一面やっぱり.......泥濘地と化していました。トホホ。


  
思い切りぬかるんでました~ もぉドッロドロですわ



  続きを読む

Posted by Kafu' at 00:04Comments(0)英軍装備 on Game

2015年03月22日

フルオート戦は弾薬消費量が

今年の彌生は決まって週半ばと週末に雨が降ります  今回はまさに つゆのひぬま..........の定例会でした


前日春本番の陽気が早くも崩れて雨が降るという予報の中のゲーム  フィールドの所々がぬかるんでいました


有料フィールドの多くは通常戦の場合セミのみが多く、またタクティカルフィールドも多いので至近戦でのフルオートは忌避されています。関東の友人に聞くとフィールドは寧ろフルオートが邪道になって来つつあるようです。いろいろ考えあってのことですから当然フィールドの意向に沿った遊びをしないとダメですが、フルあってのセミ(或いはバースト)という解釈に立っている私としては些か?マークです。弾幕下の移動、探り撃ちなどフルオート戦でのスキルの存在や突然銃声の止んだ静寂に敵の気配を感じ取ろうとする刹那刹那が堪らなく好きな瞬間でもあるわけで、セミオンリーでは面白味が半減するような気がしています。また、銃への負担もセミオンリーはスイッチやバッテリーに負担を掛けますしスイッチ焼けを起こした箱だし初心者はどうすんだべさ?とも。ハイサイを買った人なんかまるで意味を成さないですから、臍を噛む思いでしょう。確かに弾薬消費量は3倍ぐらいになるかなぁ~。でも月イチのゲームでトリガーハッピーも一興ですよ。

ま、...............ともあれ今回は貸切ゲーム................
  続きを読む

Posted by Kafu' at 02:21Comments(2)英軍装備 on Game

2015年02月22日

Long Time No See ! Battle Zone

3年ぶりの・・・・・奈良「闘域 バトルゾーン」


先日、我がチームは奈良市内からほど近いバトルゾーンさんにお邪魔しました。何せ平日で仕事を持っている仲間だらけでなかなかホームでの定例の人数には当日の都合が付かず、ゲームを催行されている定例会にお邪魔した格好になりました。勝手な申し入れに丁寧に対応いただいたスタッフの方々に御礼申し上げます。以前、とはいっても3年前にお伺いして以来ですから、すっかり様相が変わっていまして、本格的なCQBフィールドに変貌していました。当方、普段は山岳、ブッシュ戦が多いので装備の方もCQBに合わせて動きやすいものしていきましたが、例によって年寄りグループはDPM 迷彩でのお出ましとなりお互いにドレスコードを決めていないのに考える事は一緒やね~と笑い合いました。




オーナーさんが替わられてフィールドや設備が一新された奈良 バトルゾーンです クルーザーがイイ味出しています



  続きを読む

Posted by Kafu' at 16:11Comments(2)英軍装備 on Game

2015年01月25日