2017年11月19日

P44 装備らしきもの5


Enfield を手にしてからこのショットを撮りたくてねぇ~(^^  馬鹿もやすみ休みやれって? はい!なので3ヶ月ぶりでした


夏場にL1A1 を使いたくてコソコソ揃えてきたP44 装備でしたが、色々とあって持ち込めたのは、紅葉が見頃になってきた京丹波にあるCombat Zone Kyoto のフィ-ルドという為体。正午頃こそ暖かったものの、昼過ぎにはかいた汗がさめるのも手伝って惻々と冷えてきて挙句は震えが来る始末。底冷えの京都に熱帯用バトルドレスで行くなんざ我ながらお馬鹿の骨頂でしたね。あ”~寒かった。

この所、秋冬のゲ-ムと言えば、OSPREY など重装備でしたからこの菜っ葉服装備は軽くて、年寄りの私でも軽快(・・・・と本人は思っている)に動けて、季節さえ間違えなけりゃ結構イケルと思いましたな。なんと言ってもブ-ツが軽い!コットンキャンバスにゴム底ですから、コンバ-スのバスケットシュ-ズを履いているような感じです。しかも履き心地までコンバ-スと同じなのでクッション性はまるでなく、実はソルボセインの中敷きを入れてちょっとは具合を良くしています。



  
1943年に採用されたBattle Dress を熱帯地方用に生地を替えて支給された (・・・・と思われる) Jungle Green colour の Shirts ,Trousers そして Jungle Boots
左腰のBinoculars Case はコマンダ-等が本来ブレ-ス等を利用して腹部側に取り付けるのが教本通りなのですが、プロ-ンするならこの位置でしょ、と勝手に解釈してます



P44 装備が幅を利かせていた地域は概ね赤道直下の熱帯雨林気候地帯で、被服は涼しく且つスコ-ルに遭ってもすぐに乾く薄手なコットン生地が好まれたようです。通気性の良い AERTEX と呼ばれる生地を使用したシャツが兵士に人気があったとのこと。残念ながら当時の被服は使われていたエリアが狭いことからさほどの数が出回らず悲しいかな今ではビンテ-ジの仲間入り。以前は左程人気が無かった様ですが..........。元よりビンボ-な私はホンモノを買えるわけもなく、せめて生地だけは当時に倣ってAERTEX 生地のレプリカがあるのを教えて貰って手に入れました。生地を透かしてみると向こう側が見える織りで、汗を逃がす着心地は蒸し暑い気候下に向いているだろうと確かに思います。色はJG(Jungle Green)と表記される濃い目の緑色です。トラウザ-ズもフロントを二本のベルトで締めるものでしばしば同時期のオ-ストラリア軍のものと混同されますが、ポケットの数など微妙な違いがあってトウシロ-な私なぞ手取り足取り教えてもらった次第。レプリカの故か同じジャングルグリ-ンをチョイスしたものの色目は違います。戦中から60年代にかけてよく見られるシェイプの無いダボっとしたシルエットで膝の動きを妨げないゆったりとした作りです。





緑色と言えば、部隊展開地域はいわゆる密林、ジャングルが主で当然の如く多足類、爬虫類の宝庫でもあり、地面は泥濘やガレ場、崖と言った凡そ革靴には厳しい環境下ですから行動にはキャンバス地にゴム底で出来たジャングルブ-ツが支給されていました。足下を毒虫、蛇といった危険生物から身を守り、且つ足首を痛めないようにするため非常に丈が長く作られています。連れてシュ-レ-スも異様に長いのが特徴。謂わばつま先が割れていない地下足袋の如きものです。渡渉や泥に足を突っ込んでも、水で洗い流して干せば乾く素材ですから、立派な水虫対策にもになったはずです。かつて足音がしない魔法の靴を履いていると地下足袋の日本兵を評した英兵が時代を隔てて似たものを履くというのは何とも・・・・・・ある意味アイロニ-ではあります。




今回、ゲ-ムのドレスコ-ドを決めていませんでしたが奇しくも英軍年代別バトルドレスが勢揃い と言うか無理矢理並んで貰いました 左からMTP DDPM DPM そして・・・菜っ葉服!?
  続きを読む

2017年11月14日

Lee Enfield Rifle No.4 Mk.1

P44 装備にうつつを抜かしている間になんと!間の悪いことにKTW が再販開始したのがLee Enfield Rifle No.4 。あかん!あかんでぇ~と自分に言い聞かしていたのに、BHD でフ-トが吐いた名台詞・・・・「俺のセイフティは」・・・・私の場合・・・・・全く利かず・・・・・に・・・・・暴発。忘我の裡にショップ宛の注文メ-ルを" 俺の " セイフティがポチリとやってしまいましたね。ぐぁぁっ

実はデスね、KTW 製を手にするのは人生初です。 90年に当時コッキングエアガンでは破格の136,000円で出したL96A1 は高額品でありながら耐久性の悪いホワイトメタルを使っている、とか安価で人気の高いマルゼンのAPS だとかマルコシのSS9 に較べて命中精度が悪い等と雑誌各社に叩かれたもんですから今回手に入れるまでは正直に言って悪印象しかありませんでした。だいいち英軍御用達銃はこのL96A1 以来作っていなかったんだから目にも留まりませんでした。それが、ね こうして求めてしまうのだから長く生きていると色々あるもんだと思うわけです。ネット時代になってKTWの色々な記事も読ませていただきましたが、信奉者までいらっしゃるのは驚きですが、このメイカ-のファンにはゲーマーは少ないとお見受けします。L96 当時からディテイルの出来はピカイチと評されていた通り、このエンフィ-ルドも造り込み度合いから言っても、お座敷方面やエンス-の方々向きかも知れません。野卑な私の如きサバゲする奴に価値は判らんかも。但し、少なくとも集弾性は先輩方のレビュ-にある通り非常に良いです。遠射性能だとか弾筋は実戦投入していないので何とも言えませんが近々、フィ-ルドに持ち出す予定なので細かいレビュ-は何れしたいと考えています。




KTW が再び生産したLee Enfield Rifle No.4 Mk.1    安っぽいウッドストックではないことは一目瞭然  オイル仕上げのブナ材を使用しています
  続きを読む

2017年11月10日

2017年11月04日

2017年10月17日

2017年10月13日

P44 装備らしきもの(この頃の心境)


1963年 !? 製と思しき P44 WEBBING BELT   P37 との違いは装備を引っ掛けるハトメがあること P58 との違いはハトメの位置が下にあること

  続きを読む

2017年09月29日

Back to HK53(Classic Army) Part.3

よく言われる" B型 " の性格宜しく、興味のないことにはてんで無関心なのに拘り出すとしつこい面がモロに出ているのがClassic Army Hk53 改修。ちょいと昔に 英軍が使っていた仕様 にしたくてアッパ-レ-バ-の変更を行ったあとも悶々としておりました。60万件のアクセスのお礼のあと、仕事に忙殺され、家庭内の” お仕事 ” で全く作業ができなかったのも理由のひとつですが、試行錯誤と現物合わせも含めて長らく記事が書けませんでした。その間もG3系フラッシュハイダ-取り付けとSHUREFIREタイプのライトハンドガ-ドの2セル化、そしてS・E・F グリップをバ-スト刻印のあるロアレシ-バ-へ、と換装計画だけは頭の中で完成しておりました。

1.Flash Hider の換装


チャ-ルズ皇太子の警護に当たる兵達の手にはHK53 (L101A2) ハイダ-はG3 系+ライトハンドガ-ド+Trijicon Reflex  DDPM のタクティカルベストにはク-ガ-マイクも見えます


  続きを読む

Posted by Kafu' at 00:46Comments(0)ACOGL101A2(HK53)

2017年09月09日

アクセス60万件超の御礼

英軍ばかりに絞ったブログを始めてこの方、6年超。主に無益な駄文を垂れ流し、皆様の目もさぞお疲れになったと思います。この6年間記事についてはいろんな事もしましたし、個人的にも経験したことのないようなことも起こったりもしましたがこうして、日陰者の英軍趣味の広がりを、とひたすら書き連ねてきたのが漸くというか今頃というか、自慢にもならない60万件のアクセスに達しました。此処に慎んで御礼申し上げます。10万件/年間って計算ですか~。のんびりしたもんですね。ま、このブログの立ち位置とは英軍装備を中心にしているのはご存じの通り。その上、軍ものというのは、余分なものを排し質実剛健がモット-という視点からのものです。ゴテゴテと山盛りなカスタムでは無くて、シンプルで違う兵士が使っても大丈夫な平均化された使い勝手というのが私の考えなので、きらびやかな銀色や、ダットサイトの付いたりするコンペティション風ハンドガンは登場しません。長モノも内部のチュ-ンには拘っても外装は至って普通な記事なので、カスタム好きな方にはつまらん記事だらけ。書いている人間が凡庸ですから、スペシャルフォ-スなんぞもっての外。名も無き一般の歩兵基準ですしね。装備も現代装備の時ははいざ知らず、一応は時代考証に基づいて身につけますから、便利なクイックドロウのできるホルスタ-も使わない事も多いです。ゲ-ムをする上で多少のデフォルメはするにしても、その時代時代に合わせた装備の不自由さを楽しむのが信条でもあります。華麗でも俊敏でもなく加齢で新品じゃない謂わば主人公にやっつけられる雑魚キャラの記事ですな。


 低レベル故か、危なっかしいのか、ブログを通してお知り合いになった方々は色々と世話を焼いてくれて、本当にありがとう御座います。慎んで御礼申し上げます。陰ながら、自分の利益を顧みず情報を流してくれ、お手製のヘルメットカバ-を作ってくれたりしてくれる友人K氏なぞ、そんじょそこらを探したってお目に掛かれるものではありません。また、これまたお手製のステッカ-やアイディア、果てはミリブロ上で強制コラボしてくれるFoxtrot-Delta、通称FD さん、時にワンオフのスコ-プやドットサイトで競作みたいになりましたけど、工業力、実力共に遙かに私の上を行く裸の男爵さんなどなど、いつも私を刺激してくれる”仲間達”には頭が上がりませんね。我々英軍ファンはマイナ-故の自助努力こそが信条みたいなところも確かにあって、不慣れな海外との会話で四苦八苦しても安直なネット検索では目に触れ、耳に入ることのないものが寧ろあるのも確かです。他人の情報は取り込んで自分の情報は外に出さないという陰湿で陰険な英軍マニアの枠を遠く離れて、こう言った仲間達の受け売りや私の情報も公開できるものは出来るだけ出してきたつもりです。勿論、私の記事には相当ちゃらんぽらんな内容も盛り沢山です。しかしソコはそこ、見る目の肥えた皆様サイドでの取捨選択をお願いします。下掲の写真の傍らに写っているおっく-氏も熱心に私のブログを読んでくれゲ-ムの時にも質問の嵐でしたが、最早立派な英軍ゲ-マ-に成り果て!? てしまいました。どうにも英軍やりたいとか、DPM 買ったけど、等と言われるとお節介を焼いちゃうのよね。でも仲間が増えることは無上の喜びですね。この所、ポ-ランドとかチェコの方々にも質問いただいたりしております。勿論国内の方にもこんなレベルですが隠さず伝授いたしますので、ゲ-ムでご一緒したらブログ以上のことを教えられると思います。毎度キリ番には同じようなことを書いているのも年寄りのくどさが出てきたかな?でも重ねて皆様、ありがとう御座いました。
  続きを読む

Posted by Kafu' at 23:14Comments(4)英軍装備

2017年09月01日

Back to HK53(Classic Army) Part.2


嗚呼!やっちまいました...短すぎるClassic Army の HK53 にどうしても我慢できずに手を入れてしまいました 少し長すぎる気もしますが全長は見事!実銃と一致しました でも合ってんのかなぁ??


  続きを読む

Posted by Kafu' at 01:16Comments(4)L101A2(HK53)

2017年08月20日

Back to HK53(Classic Army)

過去から気になっていたものの手頃なモデルアップがなくてそのくせ流通している間には気がつかないとか興味が失せていて手にすることがなかった銃ってぇのがあります。ARES のL1A1 なんてのはその典型で、欲しいときにはディスコンになっていてオ-クションで高値がついているとか。それでまた欲しいものリストから消え去ったりの繰り返し。HK53もその中のひとつ。無性に手に入れたくなって、日本橋のショップに当たって貰ったら珍しく流通在庫があってすぐに手元に来ました。これも縁というものですね。縁と言えば、組み込みのメカボックスにも更新がなされていたみたいでメイカ-の最新に近いフュ-チャ-目白押しでもありました。



HK33 のショ-トタイプとして登場 MP5 シリ-ズとの互換部品も多いのですがこいつは5.56mmNATO 弾をぶちかましました 英軍ではL101A2として割と使われていたものです


  続きを読む

Posted by Kafu' at 00:05Comments(4)L101A2(HK53)