2018年07月21日

なんだかんだで8年目


異様に暑い夏・・・・・・・マラヤ動乱に思いを馳せる・・・・・ワキゃねえよ、な  こう暑いとゲ-ムとは言え生きて帰るのが第一義  まさにサバイバルな今年


2011年に始めてから気がつきゃ2018年。しかも記念日の5月を遙かに通り過ぎて今頃気がつく有様。子供で言えばおぎゃぁと産まれてもう小学校2年生?お馬鹿じゃなきゃ続けられないよね。自分でも7年もやるなんざ思いもしませんでした。まさか、ね。
 全国のミリブロを彷徨くとゲームの進行斯くあるべき、とかマナーについてとか、作戦はこうすべき、なぁんて大上段に構えてブログを書き始める人たちは真面目故か大抵長続きしてませんねぇ。ゲ-ムって一言で言えないし、しかも体系的に説明しようとしたって、なかなか上手く伝えられないモンです。本音から言えば、肩の力を抜いてちゃらんぽらんにやりゃ私みたいに続けられもしたんでしょうが....。元々サバゲなんて体系化されていないんですよ。カテゴリ-として確立されていないのに ”こうなんだよ君たち” って言ったところで結局のところ皆好き勝手やっているというのが実際のところではないかな。

かと言ってシチュエイションに身を置いて自分に酔うなんて柄でもない。水面に映る自分に恋して花にでもなれるならまだしも、どう見てもスイセンならぬぼっとん便所ヅラじゃ、洒落にもなりませんやね。こうしてみるとこのブログの立ち位置なんて中途半端の極致ですね。しかもタチが悪いのは拘りが些かなりともあって、ゲ-ムを楽しむために軍装は及ばずながら整えようとするし、軍装に合ったエアガンを選び、そのエアガンの動きをよくするために自分でバラしたり調整したりもします。だから興味の対象だけは多岐に亘ります。時代に合わせてエアガンも軍装も選びますから戦史も歴史も自分なりに勉強。その時代時代に合わせた出で立ちであろうとします。英軍は当然ベレ-着用も必須項目ですが、これも聯隊に依って被り方が違うのでそこもキチンとしたいと思っています。
 



STERLING L2A3 が現役であった頃の出で立ち  相方も遂にゲット


ちょいと前に自己流のベレ-の型付けを記事にしましたが、ベレ-の毛羽立ちをライタ-で炙って取るという荒技があるそうです。カミソリで削ぐというのは知っていましたが、どちらもやったことがありません。だってウ-ルフエルトなんてもともと羊毛を寄せ集めて布にしたようなものだから、燃やせば燃やすだけまたまた毛羽立ちますよ。しかもベレ-の色を焦げた色で濁すなんてあり得ませんね。ベレ-は色こそ命です。後述するK氏はわざわざ交流のある元ロイヤルグリ-ンジャケット兵士にも問い合わせしてくれましたが、確かに兵士の一部はベレ-にカミソリを当てることはあるそうですが、英軍兵士は決して火で炙るようなことはしないということでした。一事が万事、間違ったことをあたかも見聞きしたように話すことが日本ではまかり通り、それがスタンダ-ドになる無知蒙昧、付和雷同が恐ろしいです。だから中途半端ではあるけれど一所懸命底を深くしようともがいているブログでもあるかも知れません。知り得た耳学問や情報は出来るだけ晒そうとは思ってやってきました。しかし、ひとつだけお断りを申し上げておくと、私の装備類などの仕入れ先は個人的にも、そして大事にしてきたル-トを教えていただいた方々を思うと、公には出来ません。違う商慣習と人種間、国境を乗り越えての関係は一朝一夕に出来あがるものではありませんからね。この点についてはどうかご理解をいただきたいと思います。

友人であるK氏には私の拙い英語力では通じないニュアンスや英軍心、そして現役、OB 兵士からの情報など数多くの応援やら叱咤を受けており、毎度のことですが深く感謝しております。同郷の裸の男爵氏にはいつも触発されます。最近彼はヤフオクを盛んに賑わせていますね。また拘りの老師、FD さんにも刺激されっぱなしですね。英軍道という異様に偏ったジャンルでありながらこれまたいつの間にやらアクセス70万件という、有り難い大台になりまして皆さんヒマなんですねぇ~。と言いつつ謹んで御礼申し上げます。私も些か思うことがあってこの所、あることを成そうと頑張っています。と言うことで、ブログアップもこのところ大分ペ-スダウンしてきました。しばらくの間、こんな状態が続くやに思いますがご理解いただきたく思います。ともあれ今まで7年の長きに亘りおつき合いいただいている皆様には改めて御礼申し上げます。誠にありがとう御座いました。青息吐息ではありますが老兵は未だ死なず、です。ぐぁははは。



定例会ではみんな変わらずロ-トルな私と一緒に遊んでくれます  遂に英軍フリ-クが新たにお一人様参戦

  続きを読む

Posted by Kafu' at 00:32Comments(0)L85英軍装備

2018年07月09日

2018年06月25日

Browning Hi-Power (TANAKA ) をゲームで使えるようにする(可変ホップ)


夏に向けてP44 装備に合わせてBrowning HP ビジランティ を可変ホップ化  キャンバス地の P44 ホルスタ-も現代にはない味があります




  続きを読む

2018年06月16日

2018年05月25日

SUSAT (unknown maker's reprica)


L85 と言えば忘れてならないのは SUSAT   本体と共に支給され 爾来30数年未だに使用されています  これは久々に感動して求めたノンブランドです


  続きを読む

2018年05月20日

フィ-ルドでの L85A3 と Virtus Soldier System


L85A3 ・・・・既にご存じの通り G&G L85A2 改です LLM03 に官品のGrip Pod でほぼ現用Small Arms を再現できたかな? スリングは余りお目に掛からないMTP パタ-ンです
If you are interested in the A3 Hand-Guard kit in this picture,please visit the blog as follow.This kit will be on sale soon !!!
http://hadakanolantis.militaryblog.jp/


  続きを読む

2018年05月01日

G&G L85 A2 を A3 化....ひとまず完成!!


G&G をベ-スにした L85A3  レシ-バのトップレイル高は低く抑えられ標準装備のELCAN SPECTER OS4X & SHIELD CQB RDS とのパララックスが一層改善されています 

  続きを読む

2018年04月15日

G&G L85 A2 を A3 化....仮組み

G&G の L85A2 を A3 化するという前振りでネットで購入したL85 A2 を弄った記事を前回アップしましたが、その後は公私共々忙しくなっっちゃって、いっかな筆が進んでおりません。銃そのものはあれから回転の遅さがどうしても気に食わず、セクタ-ギアを2T カットして14 枚歯にした以外は快調そのもの。セクカのお陰で弾速は91m/s から 85m/s にドロップしましたが元々、ハイパワ-ゲ-ムなんぞしませんから断然良し、です。
 さて今回のA3 化には既にご紹介済みの裸の男爵さんのハンドガ-ドとピカティニレイルがあってのことです。私のものは第1次ロット!? というかプロトタイプみたいなものでして、現在の第2次ロット!?(と言っても3Dプリンタ-に依る完全お手製ですが)は細部の再現性が更に向上しているもののようです。それにしても、彼と競作になった ELCAN SPECTER OS4X や SHIELD RDS 、そして3D プリンタ-を手に入れてからと言うもの彼の完全な独壇場と化したこの A3 ハンドガ-ドなどはワンオフや3D とは言え国内は元より世界に先んじて我らが日本人がやっちまったんだから少しはどや顔しても良いのかな?等と思っております。何れのご紹介になると思いますが、このA3 キットは単にハンドガ-ドとピカティニレイルを作ったと言うものではなく、今はG&G に限定はしていますが本体の正確な採寸によって作り上げられたアダプタ-や実銃でもカットされたガスブロック部分などかなり芸の細かいキットです。塗色に就いては本人からも話を聞きましたが、実際の色とは少し違うようで、もう少し暗色でモスグリ-ンがかったものだと思いますが、先ずは仮組をしてみました。




仮組みのL85A3 強度など今後の課題はありますが、余程の荷重をかけなければゲ-ムユ-スでも充分な強度を保持していると思います ELCAN SPECTER OS4X を載せるだけで雰囲気たっぷり
Unfortunately, the kit is not yet for sale.because this is not perfect.If you are interested, please visit Hadaka no Danshaku's blog.Blogs are as follows:
http://hadakanolantis.militaryblog.jp/e892115.html




フロントスイベルリングは実物では可動式の様です この部分だけはスリングを掛ける気にはなりませんが 全体の雰囲気はかなり正確ではないかと思います
The color painted on the hand guard is not accurate I think. The receiver has not painted yet. These pictures are trial of kits assembled.


既に A3 のハンドガ-ドがセットされたアッパ-レシ-バ-は英軍各部隊にロ-ルアウトが始まっていますが、一番最初に配備されたのはGrenadier Guards だと一員が誇らしげにネットに載せていましたっけ。フランス軍はFA-MAS をうっちゃった見たいですが、流石に石頭の英軍はブルパップのL85 を手放すことはしないようです。


< 続く~ >  

2018年04月12日

VIRTUS Soldier System のこと (Pouches etc.Vol.3)

< Collar Protection >



ポウチ類ではないのですが 忘れてならないのがカラ-・プロテクション OSPREY 後期の Patrol Collar とさほど変わりないシルエット

  続きを読む

2018年04月05日

G&G L85 A2 を A3 化....その前に



最新の英軍銃器をワンオフ製作している裸の男爵さんですが、彼からA3 のハンドガ-ドセットを譲り受けたのは良いものの、私の手持ちは全て現用装備に合わせてバ-ジョンアップしているので残っているのはICS L85A2 のみ。しかし、彼のキットはG&G 製を念頭に置いているので悲しいかなICS では使えない。そこで、手頃なお値段で出ていたG&G の中古をオ-クションで手に入れたのがこれ ↓



未だに訓練や後方部隊、CADET などではこの光学系を載せないキャリングハンドル付きのオ-ルドスタイルの L85A2 を使用 ※サイズ感の合うマルイのノ-マル電動ガン用マガジンを付けています

  続きを読む

Posted by Kafu' at 01:48Comments(0)L85